NTTドコモが「GALAXY Note SC-05D」を発売へ、5.3インチ高解像度有機EL搭載でLTE対応

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが高解像度の大画面有機ELを採用し、タッチペンを使った操作も可能な「GALAXY Note SC-05D」を発表しました。



報道発表資料 : 「docomo NEXT series GALAXY Note SC-05D」を開発 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は4月6日からdocomo NEXT seriesとして「GALAXY Note SC-05D」を発売するそうです。

「GALAXY Note SC-05D」はモバイルPC並みの5.3インチWXGA(1280×800)有機EL、「APQ8060(1.5GHz、デュアルコア)」プロセッサ、約810万画素背面カメラおよび約196万画素フロントカメラを搭載しており、OSのバージョンはAndroid 2.3。


下り最大75Mbpsの「Xi(クロッシィ)」および下り最大14Mbps、上り最大5.7MbpsのFOMAハイスピードに対応。Bluetooth 3.0+HSやテザリング対応の無線LAN機能を搭載し、スマートフォンとしては超大容量の部類にあたる2500mAhのバッテリーを備えています。


また、タッチペン「Sペン」も付属。ペンボタンを押しながら操作することで、自由にキャプチャを撮影できるなど、操作性を向上。気になる本体サイズは約147mm×83mm×9.7mm、重さは約184グラムとなっています。


・関連記事
NTTドコモが18機種をAndroid 4.0にアップデートへ、シングルコアCPUモデルは対象外に | BUZZAP!(バザップ!)

あの「エヴァケータイ」がスマートフォンに、「AQUOS PHONE SH-06D NERV」発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモの「mova」が今月末で終了、国産携帯電話技術「PDC」の火が消える | BUZZAP!(バザップ!)

ついにXiルーター「BF-01D」発売日決定、「BF-01C」発表から幾星霜 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモの契約数が6000万件突破、増加ペース鈍化もKDDIやソフトバンクに大差 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加