「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」が爆音映画祭で上映決定、ファンの思いが実る

このエントリーをはてなブックマークに追加



6月29日(金)~7月14日(土)に吉祥寺バウスシアターで行われる「第五回爆音映画祭」の上映リクエスト作品として、「輪るピングドラム」「美少女戦士セーラームーン」などで知られる幾原邦彦監督の劇場アニメ「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」が決選投票に進出し、見事1位を勝ち取ったことをお伝えしましたが、ついに正式に爆音上映が決定しました。

詳細は以下から。



第五回爆音映画祭 BAKUON FILM FESTIVAL2012 オフィシャルホームページ || NEWS ||


爆音映画祭の公式ページによると、上映リクエストで圧倒的大差を付けて1位になったものの4月6日に「上映素材の確認中」という告知が行われていた「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」の上映が正式に決定しており、トップページにも大々的に掲載されています。

第五回爆音映画祭 BAKUON FILM FESTIVAL2012 オフィシャルホームページ


リクエスト受付時に寄せられていたコメントたち。「少女革命ウテナ」という作品に自分の人生を変えられるほどの衝撃を受け、そのイリュージョンに魅せられたファンによる熱い気持ちがぶつけられていましたが、今回ついにその思いが届いたことになります。

私の価値観、生き方を変えた作品です。 今ままで一度も映画館での観賞をした事がないので、今回是非に。

数え切れないほど何度も繰り返し見ていても、音楽にも演出にも美術にも圧倒されて震えるような作品です。天空薔薇園での決闘、真っ赤な渡り廊下出の決闘を、爆音のJAシーザーの音楽と共にどうしても見たいです。

幾原邦彦が監督する映像の美しさとJ.Aシーザーの音楽が密に絡み合い、引き立てあい、感動を巻き起こすあの感動をぜひ大きなスクリーンで、音響環境の整ったところで見たい。リアルタイムでこの作品を追うことのできなかったファンにとって切なる願いです。


ちなみに「爆音上映」とは、音楽ライヴ用の音響セッティングをフルに使い、ボリュームも限界まで上げて大音響の中で映画を視聴するという試みで、名ゼリフ「ヤッチマイナー!」や梶芽衣子の「怨み節」で知られる「キル・ビル」や、ももいろクローバーが登場する映画「NINIFUNI」なども上映予定。プログラムは以下となっています。

第五回爆音映画祭 BAKUON FILM FESTIVAL2012 オフィシャルホームページ || PROGRAM ||



決闘の開始を告げる鐘の音や西園寺戦、樹璃戦で流れる決闘のうた、非常に印象的な影絵少女のシーン、「どうしてこうなった」感のある七実など、見どころの多い同作。「輪舞-revolution アドゥレセンス・ラッシュ」をバックにウテナとアンシーの2人が叫ぶクライマックスシーンなどは盛り上がること間違い無しなので、世界を革命したい人はこれを機に是非とも吉祥寺バウスシアターに足を運んでもらいたいところです。

・関連記事
「少女革命ウテナ」の天上ウテナ役の川上とも子さん、声優アワード特別賞を受賞 | BUZZAP!(バザップ!)

「輪るピングドラム」の回想シーンに登場する電光掲示板が再現可能に | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】「輪るピングドラム」とうまい棒が奇跡のコラボ、ノリノリすぎてとんでもないことに | BUZZAP!(バザップ!)

田亀源五郎が「銀の華」アニメ化報道を否定、「ネタ」としての扱いに「心が折れそうになる」とコメント | BUZZAP!(バザップ!)

無料視聴も可能、世界的人気アニメ「サウスパーク」第16シーズン放送開始 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加