2Dアクションゲームの本質を3分でまとめた感動作「Go right」

このエントリーをはてなブックマークに追加



「スーパーマリオブラザーズ」などに代表される横スクロールアクションゲームの本質をテーマに、膨大な素材を巧みな編集によって感動的に仕上げた短編動画「Go right」が海外で話題になっています。

Go right - YouTube


横スクロールアクションゲームを一言で表現するならば、それは右に進むものです。


昔懐かしい「スペランカー」から近年の傑作「Braid」まで、このルールに変わりはありません。





そして右に進む限り、行く先々でプレイヤーを待つ凶悪な罠や立ちふさがる強敵たちに何度も何度も倒されてしまいます。



しかし、怖気づき左へと戻ってしまっていたらクリアは絶対に出来ません。


我々は勇敢に右へ進み続け、戦い、困難に打ち勝つしかないのです。




Go right - YouTube


・関連記事
ファミコンロッキーになれる巨大な木製ファミコンコントローラー型テーブル | BUZZAP!(バザップ!)

ザ・スミスの「ディス チャーミング マン」をスーパーマリオブラザーズのチップチューンにリミックス | BUZZAP!(バザップ!)

なにかがじわじわくる、ハゲ散らかしたおっさんがだらだら歌う脱力PVの正体は? | BUZZAP!(バザップ!)

プレイヤー本人とゲーム内でのアバターの姿を比較した写真集「Alter Ego」 | BUZZAP!(バザップ!)

おしっこがコントローラーになる世界初のゲームがロンドンのバーに登場 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加