ファミコンロッキーになれる巨大な木製ファミコンコントローラー型テーブル

このエントリーをはてなブックマークに追加



ファミコン世代のコロコロ読者は忘れることのできないファミコンロッキー。そこに登場した巨大コントローラーを思わせる木製のテーブルが販売されています。もちろん実際に使用可能。詳細は以下より。

ファミコンロッキーは1985年から87年までコロコロコミックで連載されていたファミコンバトル漫画。主人公が巨大コントローラーを両手で血塗れになるほど連打しながらのバトルが目に焼き付く強烈な作品です。



この「Nintendo Controller Coffee Table」は文字通りファミコンの海外版、Nintendo Entertainment System(NES)のコントローラーを模したテーブル。カバーのガラスを取り外した状態では本物のコントローラーとして使用できるのがウリです。日本でもニューファミコンを持っていれば端子が同一のため使用可能。


これが使用している図。細かい動きは少々難しそう。


ふたりでの共同作業でスーパーマリオをやっています。この分業でのプレイだと相当難易度が上がります。


このテーブル、サイズは横106センチ、縦46センチ、高さ46センチ程度。メープル、マホガニー、ウォルナットを使用しています。お値段もオーダーメイドで3500ドル(30万円程度)とかなりの高級家具。連打で血塗れにするには少々勿体無いところです。

なお、NESのコントローラー配色に塗られたコンポジット版と高給木目調のプレミアム版、コントローラー使用可モデルと使用不可モデルの組み合わせで合計4パターンが存在しているとのこと。それ以外の細かい注文や要望にも対応できるというので、自分なりのアイディアがあれば相談(英語)してみるのも楽しいかもしれません。以下のサイトからオーダーできます。

Nintendo Controller Coffee Table by TheBohemianWorkbench on Etsy

また、どうしても欲しいけどお金がないよ!という人のために以下のサイトで1名様に無料プレゼントキャンペーンが行われています。エントリーは4月27日まで。自己責任でお試しあれ。

FREE Giveaway - Functional Nintendo Controller Coffee Table! - DudeIWantThat.com

・関連記事
ソフトバンクの基地局、18万局の半数近くはフェムトセルを含む小規模なものであることが判明 BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの基地局、5万局以上がフェムトセルであったことが明らかに BUZZAP!(バザップ!)

マリオが現実に自分の家の中を飛び回ったら? BUZZAP!(バザップ!)

プレイヤー本人とゲーム内でのアバターの姿を比較した写真集「Alter Ego」 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加