東芝がフルHDの4倍、4K2Kを実現した液晶テレビ「REGZA 55XS5」発表

このエントリーをはてなブックマークに追加



フルHD(1920×1080)の4倍となる「4K2K(3840×2160)」と呼ばれる超高解像度に対応した液晶テレビが東芝から発表されました。



東芝:ニュースリリース (2012-05-10):4K2Kパネル搭載、高画質映像が楽しめる液晶テレビ「レグザ55XS5」の発売について

東芝のプレスリリースによると、同社は6月下旬から新型液晶テレビ「REGZA 55XS5」を発売するそうです。

「REGZA 55XS5」は55インチの4K2Kパネルを搭載しただけでなく、「レグザエンジンCEVO Duo」によってデジタル放送やBlu-rayなどのフルHD相当の映像を精細感のある緻密な映像に再構成して表示できる「4K2K超解像技術」を実現。デジタル一眼レフカメラなどで撮影した高解像度の写真についても、まるで現像したかのような緻密さと自然な立体感で再現できるとしています。

「REGZA 55XS5」本体。本体最薄部40mm、本体奥行58mmと薄いだけでなく、液晶パネル周囲のベゼル部分も非常にスリムです。


また、地上デジタルチューナーを3つ搭載しており、USB外付けHDDへの2番組同時録画が可能なほか、2TBのHDDに最大約711時間録画できる、長時間録画モードにも対応。録画した番組は家庭内ネットワークを介して「レグザタブレットAT700」などで楽しむこともできます。

さらに液晶パネルの背面には鮮明な中高域を再生できる4つのスピーカーと、優れた音像の定位感を実現できるウーファーを配置。合計出力30WのマルチアンプとDSPを搭載することで鮮やかな音を再現し、映像との親和性が高い迫力のサウンドを楽しむ事もできるなど、映像と音声の両方からアプローチが行われているのが特徴となっています。

・関連記事
ソニーの最終兵器「nasne(ナスネ)」登場、3波対応チューナー&外付けHDD対応でPS3・VAIO・PS Vita・Xperiaなどから利用可能 | BUZZAP!(バザップ!)

2~3万円台にまで値下がりした激安液晶テレビから「本当のお買い得品」を探してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加