ソニーが「iPhone 5(仮)」にディスプレイを供給か、従来よりも大型・高解像度に

このエントリーをはてなブックマークに追加



今年登場すると目されるAppleの新型スマートフォン「iPhone 5(仮)」に対して、ソニーがディスプレイを供給する見通しであることが明かされました。



Taiwan losing race for thinner touch-panel technology - Taipei Times


台湾メディア「台北時報(Taipei Times)」が報じたところによると、調査会社「IHS Displaybank」のシニアアナリスト、呉善同氏がソニーモバイルディスプレイがタッチセンサーをカラーフィルターの内側に組み込むことで、従来よりもタッチパネルを薄くすることが可能になる「インセルタッチ方式」の液晶ディスプレイを2月からiPhone 5向けに量産開始していることを明かしたそうです。

また、ソニー以外にもiPhone 5向けディスプレイの供給メーカーにはシャープと東芝、そしてLG電子の3社が内定しており、それぞれが今月末までに液晶ディスプレイの量産を開始する予定だと呉氏はコメント。

「台北時報」のお膝元である台湾の大手液晶メーカー、AUO(友達光電)は同様の液晶パネルを今年の第3または第4四半期まで量産する予定は無く、Chimei Innolux(奇美電子)にいたっては年内に生産する予定が無いなど、日本・韓国メーカーと比較して劣勢に立たされていることも明かされています。

Likely next-generation iPhone with 3.999-inch display, 1136 x 640 resolution in testing (updated: more decimals) | 9to5Mac | Apple Intelligence


なお、iPhone 5に搭載される予定のディスプレイについて、大手Apple情報サイト「9to5Mac」が報じたところによると、従来の3.5インチ「Retina Display(960×640)」よりも大型・高解像度となる、3.999インチの新型ディスプレイ(1136×640)が搭載される見込み。確定情報ではありませんが、事実であれば今までのiPhoneのデザインが大きく刷新されることになりそうです。

新型ディスプレイを搭載したiPhone 5のイメージ画像(左)。従来モデル(右)と比較してスリムになっている印象があります。


・関連記事
iPhone 5(仮)も参戦見込みのLTEスマートフォン、すでにSamsungが6割以上のシェアを獲得 | BUZZAP!(バザップ!)

こんなことまで!Apple製品の電源アダプターに隠された驚くべき機能が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 4Sのメール機能比較、au版がソフトバンク版を圧倒する結果に | BUZZAP!(バザップ!)

またしてもNTTドコモがiPhone導入について「現状だとなかなか厳しい」と回答 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加