体にしっかり巻いていても、どうしても全裸に見えてしまうバスタオル

このエントリーをはてなブックマークに追加



別に透けているわけではないのです。でもこのバスタオル、なぜか全裸にしか見えないのです。実際に装着しているところをご自分の目で確かめてみてください。

Censorship Towel - Carmichael Collective




このモザイク感、やっぱり全裸に見えてしまいますよね。

「Censorship Towel」はミネアポリスの広告会社Carmichael LynchのアートプロジェクトCarmichael Collectiveによって作られた「作品」なので、現時点では販売はされていません。いつか手に入る日が来るでしょうか?

・関連記事
男子がこっそりスカートの中に潜り込もうとしているかのようなストッキング BUZZAP!(バザップ!)

オシャレして夜遊びしたいパーティ・ガールのためのシークレットポケット付きブラが開発される BUZZAP!(バザップ!)

セクシーを通り越してあまりに下半身が剥き出しすぎるレギンス BUZZAP!(バザップ!)

彼氏のワイシャツをマンネリにならずに上手に着こなす方法 BUZZAP!(バザップ!)

あまりにも下半身が長すぎるように見えてしまう前代未聞のおもしろパンツ BUZZAP!(バザップ!)

脱いでもカワイイ!イタリアの「KiSkin」のビキニシリーズ BUZZAP!(バザップ!)

2030年には相手なしの電脳セックスで快楽を得られる社会が訪れる? BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話の人気記事

  1. 検察法改正反対者を「情弱の極み」呼ばわりした有本香さん、首相をアクロバティック擁護して野党に責任転嫁するも共産党がボコボコに
  2. 新型コロナで困窮し『10万円、20万円もらったところで何になるんだ』と訴える学生を「問答無用で殴っていい」と断じる人は老害かもしれません
  3. 外大卒の編集者有本香さん、レ・ミゼラブルの劇中歌を知らず「間違いだらけの英文」と揶揄してしまう
  4. なんと1本あたり9円、コーラがとんでもない投げ売り価格で販売中
  5. 「SBIファーマはソフトバンクのグループ企業、新型コロナの簡易PCR検査無償提供はそのプロモーション」自称ジャーナリストの有本香さん、ドヤ顔で嘘をまき散らす

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング