獣人キャラを使った「まもるくん復興支援プロジェクト」開始、「ソラトロボ」スタッフのイラストも

このエントリーをはてなブックマークに追加



「テイルコンチェルト」や「ソラトロボ」など、獣人キャラが数多く登場する独特の世界を舞台にした作品でおなじみのサイバーコネクトツーが「まもるくん復興支援プロジェクト」をスタートさせました。



「まもるくん」復興支援プロジェクト | サイバーコネクトツー公式サイト


サイバーコネクトツー公式ページに開設された「まもるくん復興支援プロジェクト」のページによると、同プロジェクトは東日本大震災で被災した人やその家族・関係者を支援することを目的としたもの。

イメージキャラクターには「テイルコンチェルト」と同じ「リトルブロンクス」という世界に住むとされ、かねてから福岡県の「消防・防災・安全」のイメージキャラクターとして活躍している「まもるくん」が起用されています。

提供作品 | 「まもるくん」復興支援プロジェクト | サイバーコネクトツー公式サイト


また、現在、復興プロジェクト第一弾として行われているのが、復興応援イラストの販売。2010年に発売された「Solatorobo(ソラトロボ)それからCODAへ」のディレクターおよびデザイン原案で、まもるくん」のイラストも手掛けているWAKA氏のイラストなどがデータで各100円で販売中。なんとA4サイズにプリント可能です。


Solatoroboのユーザーズサイトでソラトロボ4コマを連載しているまめ助氏のイラスト。 なかなかコミカルです。


そしてSolatoroboの空想科学アニメのような、どこか懐かしい独特の世界観を実現するのに大きな役割を果たした犬丸氏。三者三様にまもるくんの世界を描き上げています。


なお、サイバーコネクトツーは「まもるくん復興支援プロジェクト」以外にも早い段階から復興支援の取り組みを実施しており、その内容は以下のページに掲載されています。

今までの支援活動 |「まもるくん」復興支援プロジェクト | サイバーコネクトツー公式サイト

・関連記事
ケモナー歓喜の「ソラトロボ2」デモ画面、ニセモノだったことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

少女と獣人が主人公の個人制作アニメ「ドルチェ・グエラ」公開へ、実際に役者や声優を起用 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加