任天堂が「ニンテンドー3DS LL」を電撃発表、7月28日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加



任天堂が大型化した「ニンテンドー3DS LL」を電撃発表しました。

詳細は以下から。



Nintendo Direct 2012.6.22|Nintendo

任天堂が本日行った「Nintendo Direct」によると、同社は7月28日に従来よりも大型化した「ニンテンドー3DS LL」を発売するそうです。価格は1万8900円。

「ニンテンドー3DS」が3DSソフトを約3~5時間、DSソフトを約5~8時間プレイできたのに対して、「ニンテンドー3DS LL」は3DSソフトを約3.5~6.5時間、DSソフトを約6~10時間プレイ可能に。なお、ニンテンドー3DSとの違いとして、「ACアダプタは非同梱」「SDメモリカードが2GBから4GBに」「専用充電台は別売」といった特徴が挙げられ、ニンテンドーDSi以降を利用しているユーザーは今までのアダプタを使い回すことができます。


カラーリングはWHITE、RED×BLACK、SILVER×BLACKの3種類。




同時に「ニュー・スーパーマリオブラザーズ2」と「ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング」も発売されます。


1.9倍大画面のニンテンドー3DS「ニンテンドー3DS LL」7月28日に発売

ニンテンドー3DSとの外見比較。かなり大型化する印象です。


仕様を比べるとこんな感じ。上画面は3.53インチから「PS Vita」より少し小さい4.88インチまで大型化され、下画面も4.18インチに。筐体も74mm×134mm×21mmから93mm×156mm×22mmへとサイズ変更されますが、厚さはほとんど変わらず、重さは約235グラムから約336グラムに。


「ニンテンドー3DS LL」については日本経済新聞社の事前報道を否定し、だめ押しに海外の大手ゲームサイト「IGN」のインタビューで「非常にニンテンドー3DSのハードウェアに対して満足しており、現行モデルは現世代では最も良いものであると感じている」とコメントし、リリースに対して消極的であることを表明していた任天堂。

いずれも6月のことであるため、舌の根も乾かぬうちに……という感はありますが、「出ない」というコメントを信じて、「ニンテンドー3DS LL」を求めていたユーザーへ現行モデルのニンテンドー3DSを買ってしまった後に出すといったことにならならずに済んだのは良心的であると考えたいところです。

・関連記事
任天堂が次世代携帯ゲーム機の構想に着手、「ニンテンドー3DS LL」は予定無し | BUZZAP!(バザップ!)

「ニンテンドー3DS LL」の代わりに怒濤のマリオラッシュ、任天堂が「E3 2012」でカンファレンスを実施 | BUZZAP!(バザップ!)

テレビゲームの歴史を3分間で網羅する、ゲーム音楽だけをリミックスしためくるめく映像作品 | BUZZAP!(バザップ!)

すれちがいジャンキーにも最適、容量4.4倍のニンテンドー3DS用内蔵バッテリー | BUZZAP!(バザップ!)

ケモナー歓喜の「ソラトロボ2」デモ画面、ニセモノだったことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

初の赤字となった任天堂の「Wii U」はFelica互換のNFC対応で年末発売、3DSの逆ざやも解消へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加