任天堂が次世代携帯ゲーム機の構想に着手、「ニンテンドー3DS LL」は予定無し

このエントリーをはてなブックマークに追加



任天堂が次世代携帯ゲーム機の構想に着手していることが明らかになりました。また、日本経済新聞社の報道で注目を集めた「ニンテンドー3DS LL」の登場については否定しています。



Nintendo Working on Future Handheld Generation - IGN

海外の大手ゲームサイト「IGN」によると、「ニンテンドーDS」「ニンテンドーDS Lite」「ニンテンドーDSi」「ニンテンドーDSi LL(海外ではXL)」のように、任天堂は過去20年にわたって、ゲーム機の寿命を延ばすためにマイナーチェンジを繰り返してきましたが、ニンテンドー3DSについては異なる道を歩むことになるそうです。

これは同サイトが任天堂の宮本茂氏に対して行ったインタビューによって明らかになったもので、宮本氏は「私は非常にニンテンドー3DSのハードウェアに対して満足しており、現行モデルは現世代では最も良いものであると感じている」とコメントし、マイナーチェンジ版については消極的であることを表明。

その上で日本経済新聞社が報じた「ニンテンドー3DS LL」にあたるモデルや、それに類するモデルの登場についての質問に対して「我々が今考えていることは、おそらく次世代携帯ゲーム機のためのものになるだろう」と回答しています。

しかし宮本氏は同時に「現行モデル(ニンテンドー3DS)にできることはまだまだたくさんある」ということを強調しているため、以下の任天堂製携帯ゲーム機のモデルチェンジの歴史と合わせて考えても、当面は次世代機が発売されるようなことはなく、現行機を重視した展開が続くことになりそうです。

・1989年
ゲームボーイ

・1998年
ゲームボーイカラー

・2001年
ゲームボーイアドバンス

・2004年
ニンテンドーDS

・2011年
ニンテンドー3DS


・次の記事
任天堂が「ニンテンドー3DS LL」を電撃発表、7月28日発売 | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
「ニンテンドー3DS LL」の代わりに怒濤のマリオラッシュ、任天堂が「E3 2012」でカンファレンスを実施 | BUZZAP!(バザップ!)

テレビゲームの歴史を3分間で網羅する、ゲーム音楽だけをリミックスしためくるめく映像作品 | BUZZAP!(バザップ!)

すれちがいジャンキーにも最適、容量4.4倍のニンテンドー3DS用内蔵バッテリー | BUZZAP!(バザップ!)

ケモナー歓喜の「ソラトロボ2」デモ画面、ニセモノだったことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

初の赤字となった任天堂の「Wii U」はFelica互換のNFC対応で年末発売、3DSの逆ざやも解消へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加