ウィルコムがすべての道の駅をエリア化へ、ソフトバンクの鉄塔に便乗も



全国各地、約1000ヵ所にあるドライバー向けの休憩施設「道の駅」について、ウィルコムがエリア化することが明らかになりました。



Twitter / miyakawa11: ほぼ計画は固まり...


ソフトバンクモバイル取締役専務執行役員CTOで、ウィルコムの管財人も務める宮川潤一氏のTwitterによると、全国すべての道の駅について、基地局を設置する計画が固まったそうです。

設置にあたってはすぐに取りかかれるところと時間がかかるところとで1年強の差が生じるものの、宮川氏はやりきることを表明。また、ソフトバンクモバイルが基地局用に利用している鉄塔にウィルコムの基地局を設置する動きも始まったとしています。

経営改善のために基地局が3年かけて16万局から約3割減の11~12万局に削減され、ソフトバンクモバイルの基地局との併設が進められることが昨年7月に報じられるなど、このままエリアが縮小してしまう一方なのではないか……という不安もあったウィルコムの基地局計画。

しかし、今回の道の駅への基地局新規設置だけでなく、ソフトバンクモバイルがエリア拡大のために新規に建造する鉄塔へのウィルコム基地局の併設が進むのであれば、新規エリアの拡大についても望みを持つことができそうです。

・関連記事
高いのにはわけがある、ウィルコムが「DIGNO DUAL WX04K」のメリットを解説 | BUZZAP!(バザップ!)

「DIGNO DUAL WX04K」も対象、ウィルコムの「3年縛り」が当たり前になるまでの過程を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

実は気になる点が多数、「DIGNO DUAL WX04K」を改めて冷静に考え直してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコム初のAndroid「DIGNO DUAL WX04K」超速攻レビュー、W-ZERO3ユーザーの悲願を達成か | BUZZAP!(バザップ!)

高まる「WX04K」への期待、早すぎた国産スマートフォン「W-ZERO3」シリーズの歴史を振り返る | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  2. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル
  3. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  4. 「Xperia 1 V」本体写真流出か、カメラセンサー大型化で発熱問題の解消に期待も
  5. Xiaomi格安スマホ「Redmi Note 11s」ほぼ過去最安に、大画面有機ELや1億画素カメラ、ステレオスピーカーに液冷機構など機能充実の1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング