2次元に見えない路上の3Dアートはいかにして描かれるのかが分かる動画

このエントリーをはてなブックマークに追加




ネット上では路上に描かれた様々な3Dアート作品が紹介されています。レゴが歩いているように見えるもの、巨大な穴が歩道に開いたようなもの。一体どうやってこれらの作品は描かれているのでしょうか?

Time-lapse video chalk art of 3D Mario - Boing Boing

もちろんアーティストによって描き方は違うはずですが、こちらはドット絵のマリオをチョークで描いた作品の、描き始めからできあがりまでのタイムラプス動画。白チョークと定規での下書きから浮き出るようなマリオの完成までの行程をじっくり観察することができます。


面白そうだと思った方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?ただし、この大きさの作品で完成まで11時間かかったとのことで、少々根気が必要のようです。

・関連記事
ザ・スミスの「ディス チャーミング マン」をスーパーマリオブラザーズのチップチューンにリミックス BUZZAP!(バザップ!)

マリオが現実に自分の家の中を飛び回ったら? BUZZAP!(バザップ!)

塩の砂曼荼羅を作りだすBASHIR SULTANIの動画「Art With Salt」シリーズがすごい BUZZAP!(バザップ!)

あの有名ゲームキャラを海外アーティストが浮世絵風に描くとこうなる BUZZAP!(バザップ!)

壁にコロコロと映像を描き出せるビデオペインティングを使った映像作品 BUZZAP!(バザップ!)

リアルな大波をかわいいオモチャのサーファーたちが乗りこなす夏の香りのストップモーション作品 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加