あの有名ゲームキャラを海外アーティストが浮世絵風に描くとこうなる

このエントリーをはてなブックマークに追加



海外アーティストのJed Henryさんが「ゼルダの伝説」のリンクや「ロックマン」などを見事に浮世絵化しました。

Nintendo Game Characters As Japanese Woodblock Prints | Geekologie

メトロイド」の主人公サムス・アラン(女性)。あの独特のパワードスーツを上手に鎧へと落としこんでいます。


こちらは「ロックマン」の主人公ロックマン。あの可愛らしい外見とは似ても似つかない、全身入れ墨のガチムチな男性になってしまいました。隣には「ロックマン3」から登場した犬型サポートロボットのラッシュもいます。


そして「ゼルダの伝説」の主人公リンク。あまり違和感がないのは、元々の服装が絵と似通っているからでしょうか。ガノンとの最終決戦を描いています。


どれもクオリティが高いだけに、Jed Henryさんには今後も様々なゲームキャラを浮世絵化していって欲しいものです。

・関連記事
2Dアクションゲームの本質を3分でまとめた感動作「Go right」 | BUZZAP!(バザップ!)

プレイヤー本人とゲーム内でのアバターの姿を比較した写真集「Alter Ego」 | BUZZAP!(バザップ!)

「キレてる!」「バリバリ!」筋肉増強剤の使用が疑われるリュウとケンのシリーズを追うごとの容姿の変化 | BUZZAP!(バザップ!)

ファミコンロッキーになれる巨大な木製ファミコンコントローラー型テーブル | BUZZAP!(バザップ!)

ザ・スミスの「ディス チャーミング マン」をスーパーマリオブラザーズのチップチューンにリミックス | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加