福島第一原発から24kmの「桃源郷」、獏原人村の満月祭 <前編>

このエントリーをはてなブックマークに追加



東日本大震災で未曾有の事故を起こした福島第一原発。そこから南西に24kmの川内村のとある場所に30年以上前に作られたコミューン、獏原人村。毎年夏の満月の時期にここで開かれていた「満月祭」というお祭が、今年も開催となりました。現場の模様をレポートします。

満月祭

福島第一原発から24kmの「桃源郷」、獏原人村の満月祭 <後編> BUZZAP!(バザップ!)

1970年代、川内村の中の廃村になっていた集落がコミューンを作ろうとした集団によって再び切り開かれました。そこはやがて獏原人村と呼ばれるようになり、90年代に入ると毎年暑い夏の満月の日に合わせるように1週間程の満月祭と呼ばれるお祭りが開かれるようになりました。

最初は身内の小さなお祭りでしたが徐々に名前が知れ渡り、福島県内や仙台、東京などからも参加者が集まるようになり、急速に規模が拡大してゆきました。


(上記写真2枚はどちらも2007年の満月祭の様子)

そこで起きた3.11の東日本大震災、そして追い打ちをかけた福島第一原発事故。獏原人村と満月祭は大きな転機を迎えることになります。福島県双葉郡川内村は一部が原発20km圏内の警戒区域に指定され、震災後は全村避難を行ないました。獏原人村の村長、通称マサイさんはその渦中の2011年8月にも満月祭実施を決意。そして今年も引き続き満月祭が開催されました。

今回現地を訪れるにあたり、東北自動車道からあぶくま高原道路を通り、川内村へと向かいました。小野町から川内村に入ると田んぼや畑が耕されないままになっているのが分かります。川内村が帰村宣言をしたのが今年の4月のため、農業は実質的に殆ど行われていないのが現状です。現在でも帰村者は3000人の村人中750人程度に留まっており、道中でも戸の締め切られた家屋が目立ちました。


国道から未舗装の道を4km程延々と進みます。車高の低い車だと結構タフな道です。


獏原人村に到着しました。会場になるエリアでは祭の準備が着々と進められていました。村の平均的な線量は0.2~0.3μSv/h程度。


左側の土がむき出しになっている部分は除染済みのエリア。除染後はある程度線量は下がったとのこと。


村の奥では現在進行形で重機を使った除染が行われています。建物を高圧洗浄機を使って洗い流し、その後住居のあるエリアを中心に表土を剥ぎ取って行きます。


剥ぎとった表土はこのような袋に入れて保管場所まで運ばれることに。ニュースでは繰り返し話題になっていましたが、実際目の前で見ると規模の大きさに驚かされます。


今年は木曜日が満月。この日の夜からお祭りは始まりました。初日はFullmoon Party。満月が昇り、ダンスミュージックが会場を揺らし始めます。


平日にも関わらず、地元の福島県内や仙台を中心に多くの若者が集まってきていました。出演するDJたちと繋がりがあり、口コミで来たという人も多数。音楽シーンのコミュニティの濃密さを感じさせます。



翌日からは満月祭の本祭が始まりました。和太鼓と笛によるオープニングセレモニー。この後村長のマサイさん、そして福島原発告訴団の方のお話もありました。


この日からはLiveが主体に。野外フェスティバルなどにも多数出演しているバンド、ラビラビのLive。


こちらはサラーム海上氏のDJとベリーダンスのコラボレーション。


マーケットエリアには趣向を凝らしたフードやドリンクが並び、久しぶりの再会を喜ぶ声があちこちから聞かれました。


震災後、放射能や余震などへの危惧から訪れなくなった人も大勢おり、祭の規模自体はずっと小さくなっています。それでも現場には、震災前からずっと参加してきた人に加えて震災後の取り組みに関心を持ち、新たに参加し始めた人もいました。

0.2~0.3μSv/hという線量を多いと見るか、少ないと見るかは人それぞれでしょう。福島県内にはここより遥かに線量の高い場所で暮らしている人が大勢いるのも事実です。こうした状況の中で満月祭を続けようという村長のマサイさん。そしてこの獏原人村に集まり続ける人々が確かに存在しています。

満月祭を続けていく中で、彼らはいったいどのような未来を見ているのでしょうか。<後編>では村長マサイさんのインタビューを掲載します。

・関連記事
福島第一原発から24kmの「桃源郷」、獏原人村の満月祭 <後編> BUZZAP!(バザップ!)

国会を包囲する規模に成長した「脱原発デモ」の現場はどうなっていたのか、フォトレポート BUZZAP!(バザップ!)

京大西部講堂で平日の昼間から4日間に渡って繰り広げられた屋内滞在型フェス「オキュパイ西部講堂」 BUZZAP!(バザップ!)

京都のアートフリーマーケット「夜ふかし市」の潜入出店レポート BUZZAP!(バザップ!)

京都最大級のフリーマーケット「百万遍さんの手づくり市」に密着してみました BUZZAP!(バザップ!)

ミラーボーラーも登場した奈良の光のイベント「なら瑠璃絵」レポート BUZZAP!(バザップ!)

超簡単便利!期日前投票制度を実際に利用してきました BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加