イオンSIMも高速化できる「Turbo Charge」開始、もれなく無料通信分プレゼントも



日本通信が低速・高速通信を切り替えられる新サービス「Turbo Charge」を開始しました。

月額980円で上下100Kbps通信を使い放題の低額な定額サービス「イオンSIM」などでも利用可能で、無料通信のプレゼントも行われます。



日本通信、高速と低速をワンタッチ切り替えできるTurbo Charge 本日より始動 携帯事業者の高額なデータ定額料金キラー誕生|日本通信株式会社

日本通信のプレスリリースによると、同社は低速通信サービスを利用しているユーザー向けに、高速通信と低速通信を必要な時にワンタッチ切り替えできる新サービス「Turbo Charge(ターボチャージ)」を本日から提供開始したそうです。

「Turbo Charge」は提供されるスマートフォン用アプリケーションをタッチすることで、高速と低速を使いわけられるというもので、100MB分の高速通信を525円で提供。

Turbo Chargeオフ時。


オンにするとこんな感じ。利用できるデータ通信量を簡単にチェックできるほか、チャージもアプリから行うことができる仕組み。


Turbo Charge - YouTube


また、明日8月31日までにMy b-mobileにアクセスして「Get Ready for Turbo Charge」ボタンをクリックすると、もれなく100MB分の高速通信を利用できる「Get Ready for Turbo Charge キャンペーン」も提供されます。

Get Ready for Turbo Charge キャンペーン|日本通信


・関連記事
既存サービスは無駄に高額、Amazon.co.jpが月額1980円で下り最大75Mbpsの「Xi」を利用可能に | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G徹底比較、本当に選ぶべきは「業界最速」ではない | BUZZAP!(バザップ!)

今さら聞けない「3G」「4G」「WiMAX」「LTE」「AXGP」「DC-HSDPA」「HSPA+」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

通話もテザリングも定額で月額5195円、「GS03」は「WX04K」よりお買い得か | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが安価なパケット定額「Xiパケ・ホーダイ ライト」導入へ、ただし3GB制限超過で128kbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  5. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に

モバイルに関連した楽天商品ランキング