フルサイズCMOS搭載のデジタル一眼「SLT-A99V」やデジカメ「DSC-RX1」などをソニーが発表

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニーがデジタル一眼カメラ「α」やデジタルカメラ「サイバーショット」、そしてHDビデオカメラ「ハンディカム」に超高画質撮影を実現するフルサイズCMOSを搭載した新モデルを発表しました。



35mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載したデジタルイメージング商品群を発売 | プレスリリース | ソニー

ソニーのプレスリリースによると、同社はカメラの基本的な価値である「美しい写真や映像を撮って楽しむ」高画質撮影をさらに追求し、自社開発35mmフルサイズ「Exmor」CMOSイメージセンサーを搭載したレンズ交換式デジタル一眼カメラ「SLT-A99V」、デジタルスチルカメラ「DSC-RX1」、レンズ交換式HDビデオカメラ「NEX-VG900」の3機種を発売するそうです。

新たに搭載される35mmフルサイズCMOSイメージセンサーは受光部の面積が、一般的なデジタル一眼カメラで採用されているAPS-Cサイズのイメージセンサーと比較して約2.3倍と広く、レンズが集めた光を余すことなく受けることで、画面の隅々まで描写する高い解像感や広いダイナミックレンジ、高感度・低ノイズ性能などの向上に大きく貢献。

さらに同じく自社開発したレンズや画像処理エンジンを用途に応じてそれぞれ最適に組み合わせることで、「ありのままを表現する解像感」「感じたままを写す描写力」「映画のような豊かな表現力」などの高い性能を実現したとしています。

世界初「デュアルAFシステム」採用 デジタル一眼カメラ“α”Aマウント最上位機種 | プレスリリース | ソニー

まずはレンズ交換式デジタル一眼カメラ「α99」こと「SLT-A99V」。防塵・防滴に配慮した設計を採用しており、10月26日発売予定。ボディの市場想定価格は30万円前後。


新開発の有効約2430万画素35mmフルサイズCMOSイメージセンサーには102点の「多点像面位相差AFセンサー」が埋め込まれ、カメラ本体に搭載されているクロスセンサーを11点配置した19点の「高速・高精度位相差AFセンサー」と組み合わせた「デュアルAFシステム」 を世界で初めて採用。

CMOSイメージセンサー上でカラム(列)ごとにAD変換を行う「オンチップカラムAD変換」やアナログとデジタル信号双方でノイズを除去する「デュアルノイズリダクション」、集光効率を高めて画素単位のS/Nを大幅に改善する「高集光プロセス技術」ダイナミックレンジを従来比2倍以上にする「ワイドフォトダイオード設計技術」などにより、高感度・低ノイズ化を実現したほか、新開発の画像処理エンジン「BIONZ」でデータの高速処理も可能となっています。

また、ファインダーにはXGA(1024×768)の有機ELビューファインダー「XGA OLED Tru-Finder」を搭載することで、高いコントラストや視認性を実現。動きの速い被写体にもピントを合わせ続ける「Full-time Continuous AF Movie」を利用してフルHD(1920×1080)、60fpsのAVCHD Ver.2.0動画を撮影できるだけでなく、本体にSDカードスロットとSD/MSカードスロットを1つずつ搭載することで2枚同時録画を実現。

10月26日発売予定のAマウント用交換レンズ300㎜ F2.8 G SSM II「SAL300F28G 2」はメーカー希望小売価格81万3750円。イメージCMOSの高画素化に対応した高画質・高コントラスト性能を実現する光学設計へと変更が施され、防塵・防滴に配慮したモデルです。


世界初、35mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載“サイバーショット”最上位機種 | プレスリリース | ソニー

続いては11月16日発売予定のサイバーショット「DSC-RX1」。市場想定価格は25万円前後です。


有効約2430万画素の35mmフルサイズCMOSイメージセンサー「Exmor」やカールツァイスの35mm F2大口径単焦点レンズ「ゾナーT」、高速・高画質処理を可能にする最適化した画像処理エンジン「BIONZ」を搭載し、レンズ一体型設計の利点を生かして、レンズと撮像面の位置をミクロン単位で調整することで、画像の周辺部までも忠実に解像する優れた画質やISO100-25600の幅広い感度を実現。デジタル一眼レフカメラのハイエンド機にも匹敵する高画質撮影を可能としています。

そして独自開発の「全画素超解像」技術によって、一般的なデジタルズームのような画質劣化がなく、高画質のまま被写体を大きくズームアップ可能できるほか、「スマートテレコンバーター」を活用すれば、画像の中央部分を1.4倍または2倍に拡大して記録可能。さらにフルHD(1920×1080)、60fpsの動画撮影機能にも対応しています。

世界初、35mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載のレンズ交換式HDビデオカメラ | プレスリリース | ソニー

最後にレンズ交換式HDビデオカメラとして世界で初めて35mmフルサイズCMOSイメージセンサーを搭載したハンディカムシリーズ最上位機種「NEX-VG900」と、有効約1610万画素の「Exmor」APS HD CMOSイメージセンサー搭載の「NEX-VG30」の2機種も10月26日から順次発売予定。


映画のような24p記録と、フィルム調の色合いを表現できる「シネマトーンガンマ」や「シネマトーンカラー」に加えて、AVCHD Ver.2.0に準拠した高精細な1920×1080/60pの記録モードにも対応しており、よりクリエイティブな映像表現が可能となったほか、5.1chのサラウンドサウンドマイクロホンも搭載しています。

・関連記事
ソニーが「Exmor RS」開発、スマフォでさらなる高画質撮影が可能になる新型CMOSセンサー | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが4K(3840×2160)対応テレビ「KD-84X9005」発表、利用イメージがとんでもないことに | BUZZAP!(バザップ!)

1万2000円近くに値下がりか、新型PS3「CECH-4000」やPS4に関する情報が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia T」「Xperia TX」「Xperia V」「Xperia J」「Xperia Tablet S」が一挙に発表される | BUZZAP!(バザップ!)

安価なNFC内蔵Bluetoothスピーカーをソニーが発売、スマフォでハンズフリー通話も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加