ソニーがさらに高音質な「Blu-spec CD2」発表、Blu-rayの製造技術をフル活用

このエントリーをはてなブックマークに追加



Blu-rayの技術を応用した高音質CD「Blu-spec CD」をさらに発展させた「Blu-spec CD2」が発表されました。



Blu-spec CD2

ソニーミュージックの特設ページによると、同社は2008年に発売を開始した「Blu-spec CD」からさらに研究開発を重ね、Blu-ray Disc製造技術のすべてをCD製造に投入することによって、より一層原音に忠実な高品質CD「Blu-spec CD2(ブルースペックCD2)」を完成させたそうです。

「Blu-spec CD2」は原盤の材料にガラス原盤に比べて表面の粗さが約6分の1にまで激減した半導体製造用のシリコンウエハーを採用し、記録層をフォトレジスト(光記録)から金属酸化物レジスト(熱記録)に切り替えたほか、Blu-ray用のカッティングマシンを起用。

さらに原盤からCDプレス用のスタンパーを直接複数製作可能に。転写回数が減ることで、より精度が上がっています。


CDとBlu-spec CD2のスタンパー比較。


ジッターも大幅に低減。なお、「Blu-spec CD2」は通常のCDプレーヤーで再生可能です。


どれだけの人が音の違いを認識できるかは未知数な「Blu-spec CD2」ですが、常に高音質を求める人にとっては気になるところ。以下のリンクから製品一覧をチェックできます。

Sony Music Shop | [Blu-spec CD2]ストア・CD・DVD・ブルーレイ・アーティストグッズ・書籍・雑誌の通販


・関連記事
Android搭載の「Fシリーズ」など新型ウォークマン正式発表、Aシリーズは国内でも消滅 | BUZZAP!(バザップ!)

安価なNFC内蔵Bluetoothスピーカーをソニーが発売、スマフォでハンズフリー通話も | BUZZAP!(バザップ!)

NHKの「スーパーハイビジョン(SHV)」が次世代放送の国際規格に、解像度は7680×4320 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加