NHKの「スーパーハイビジョン(SHV)」が次世代放送の国際規格に、解像度は7680×4320

このエントリーをはてなブックマークに追加



現在のハイビジョン放送(1920×1080)の16倍にあたる、7680×4320という超高解像度を実現する「スーパーハイビジョン(SHV)」が次世代放送の国際規格となりました。

高解像度化だけでなく、従来よりもより滑らかで、高音質な映像を楽しむことができるようになります。



◆スーパーハイビジョン テレビの国際規格に!
~放送の早期実現に向けて大きく前進~(平成24年8月23日)


NHK放送技術研究所が公開した技術情報によると、次世代の高臨場感放送システムとして研究開発を進めている「スーパーハイビジョン(SHV)」の仕様がテレビの国際規格として承認されたそうです。

今回承認されたスーパーハイビジョンの規格は3300万画素(7680×4320)の超高精細映像と22.2マルチチャンネルの3次元音響で構成されたもので、さらに1秒あたりのフレーム数を120フレームにまで引き上げ。

これにより大画面・超高精細度テレビで課題となっていた速く動く被写体の「動きぼやけ」を低減することが可能となっています。


また、実物に近い色再現が可能となるよう、色域も拡張。


かつてアナログハイビジョン「MUSE方式」を開発したものの、国際規格として採用されることはなかったNHKですが、ようやく悲願を達成したというところでしょうか。

◆関連記事
スマートフォンの世界シェアは3.7%に下落、国内メーカーが各分野でさんざんな状況に | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがApple TV対抗のAndroidセットトップボックス「Smart TV Box」を提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

「nasne(ナスネ)」の再発売が8月30日に決定、PS VitaやPSP、ウォークマンへの書き出しも | BUZZAP!(バザップ!)

有料放送見放題とされる「BLACKCASカード」を販売した男が逮捕、購入者も立件を視野に捜査へ | BUZZAP!(バザップ!)

「動物のお医者さん」の佐々木倫子最新作「チャンネルはそのまま!」第5巻が発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加