「動物のお医者さん」の佐々木倫子最新作「チャンネルはそのまま!」第5巻が発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



北海道にあるH大学の獣医学部を舞台に、獣医を目指す主人公・ハムテルと愛犬のシベリアンハスキー・チョビを中心としたコメディマンガで、2000万部以上の売り上げを記録した「動物のお医者さん(1987年~1993年に『花とゆめ』連載)」でおなじみの佐々木倫子の最新作「チャンネルはそのまま!」の第5巻が発売されることが明らかになりました。



コミック発売一覧

comiclist.jp - 2012年07月の発売予定一覧[発売日順(16~末日発売・未定)]

各コミック新刊発売情報サイトが報じたところによると、小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」に月1回連載中の「チャンネルはそのまま!」第5巻(集)が7月30日(月)に発売されるそうです。価格は税込980円。

「チャンネルはそのまま!」は視聴率トップを誇るライバル局「ひぐまテレビ」などに押されつつある北海道のテレビ局「HHTV(ホシテレビ)」を舞台に、「バカ枠」で採用された報道部の新人記者・雪丸花子が騒動を繰り広げつつも思わぬ形で活躍していくという内容。

ハムテル(動物のお医者さん)や伊賀観(HEAVEN?)のような「妙に落ち着いた、達観した感のあるキャラクター」の要素を持つ新人記者・山根一が雪丸花子を補佐する役割を担うほか、それぞれの部署に個性的な面々が勢ぞろいしており、佐々木倫子作品のキャラクター描写が好きな人も楽しめるものとなっています。

また、同作は「動物のお医者さん」「おたんこナース」「HEAVEN?」のように、北海道テレビ放送への取材をベースに描かれており、単純にドタバタ劇を楽しめるだけでなく、報道やアナウンサー、情報番組、編成、広告営業、宣伝活動など、さまざまな視点から「テレビ局の仕事」に触れているため、未読の人はこれを機に1巻から読んでみるのも良さそうです。

・関連記事
夜麻みゆきの「レヴァリアース」が描き下ろし付きで復刊決定、「幻想大陸」も好評無料配信中 | BUZZAP!(バザップ!)

「しろくまカフェ」の無期限休載が決定、原作者無視のアニメ化が原因か | BUZZAP!(バザップ!)

「臨死!!江古田ちゃん」の第6巻発売決定、およそ2年ぶりの新刊に | BUZZAP!(バザップ!)

「X -ペケ-」の新井理恵最新作「お母さんを僕にください」第1巻が発売決定 | BUZZAP!(バザップ!)

「薫の秘話」「まほおつかいミミッチ」の松田洋子最新作「ママゴト」2巻が発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

田亀源五郎が「銀の華」アニメ化報道を否定、「ネタ」としての扱いに「心が折れそうになる」とコメント | BUZZAP!(バザップ!)

始めないと人生の敗残者になりそうな内容でおなじみの進研ゼミのマンガ、いつでも無料で読めるように | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加