夜麻みゆきの「レヴァリアース」が描き下ろし付きで復刊決定、「幻想大陸」も好評無料配信中

このエントリーをはてなブックマークに追加



昨年無料コミック配信サイト「Jコミ」で夜麻みゆき原作の「幻想大陸」および「レヴァリアース」が配信され、多くのファンを湧かせましたが、なんとレヴァリアースが描き下ろし付きで復刊されることが明らかになりました。また、予約者には特典が付くことも明かされています。



レヴァリアース 復刊いたします: miyuki's blog


夜麻みゆきの公式ブログによると、「レヴァリアース」が復刊ドットコムから復刊されることになったそうです。描き下ろしのおまけマンガも収録される予定で、詳細は復刊ドットコムで近日発表予定。一般書店でも購入可能ですが、復刊ドットコムでの予約者には特典が付くとされています。

レヴァリアースは邪神竜ディアボロスに殺されたとされる勇者・ザードの妹で12歳の主人公・ウリックと、法力国家「アドビス」王家に生まれたにもかかわらず、魔力を持っていることで周囲に疎まれてきた、「いやだいいやだい」とダダをこねることが多い虚弱体質のワガママ王子・シオンがザードの敵を討つべくディアボロスを探して旅に出る……という内容。

ホンワカした雰囲気が特徴の同作ですが、後半部分は非常にシリアスな展開となっているため、連載当時、物語の結末に衝撃を受けた人も多いのではないでしょうか。

また、復刊を記念して6月2日(土)20:00~21:00にUstreamで作画ライブが実施される予定となっており、夜麻みゆき直筆のウリックとシオン(時間の場合によってはレムも)を見ることができるため、こちらからも目が離せません。

レヴァリアース作画ライブUstream配信: miyuki's blog

ちなみにレヴァリアースは後に発表された「幻想大陸(「月刊少年ギャグ王」掲載)」および「刻の大地(「月刊少年ガンガン」掲載)」と同じ「オッツ・キイム」という世界が舞台で、これらの作品は「オッツ・キイム三部作」という呼ばれ方をすることがあります。

そしてレヴァリアース同様、Jコミで無料配信されている「幻想大陸」も2万件近いダウンロード数を達成しているため、今後復刊の流れが続くことにも期待したいところです。

Jコミ | 幻想大陸


・次の記事
夜麻みゆきの「レヴァリアース 完全版」発売中、カラーページなども多数収録 | BUZZAP!(バザップ!)


・関連記事
倒産したクレバリーのマスコット「山田くん」、デザインした平井太朗氏が直筆イラスト公開 | BUZZAP!(バザップ!)

「しろくまカフェ」の無期限休載が決定、原作者無視のアニメ化が原因か | BUZZAP!(バザップ!)

「臨死!!江古田ちゃん」の第6巻発売決定、およそ2年ぶりの新刊に | BUZZAP!(バザップ!)

田亀源五郎が「銀の華」アニメ化報道を否定、「ネタ」としての扱いに「心が折れそうになる」とコメント | BUZZAP!(バザップ!)

「X -ペケ-」の新井理恵最新作「お母さんを僕にください」第1巻が発売決定 | BUZZAP!(バザップ!)

始めないと人生の敗残者になりそうな内容でおなじみの進研ゼミのマンガ、いつでも無料で読めるように | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加