ソフトバンク版iPhone 5の速度制限が他社と同水準に、テザリング解禁も1ヶ月前倒し



「前々月に月間1.2GB利用すると当月1ヶ月帯域制限」という、なかなかシビアな条件で通信量無制限プランのiPhone 5ユーザーに帯域制限を課していたソフトバンクモバイルが他社と同水準にまで基準を引き上げることを発表しました。



ソフトバンクがイー・アクセスとの経営統合を発表する際にiPhone 5について触れ、デザリングの開始を2013年1月15日から1ヶ月前倒し、2012年12月15日に開始することを告知しました。


また、iPhone 5向け通信量無制限プラン「パケット定額 for 4G LTE」加入時の「月間1.2GB制限」を、他社と同じ「3日間で1GBを超過すると速度制限をかける場合がある」という内容に変更。


これによりテザリング利用時の「パケットし放題フラット for 4G LTE(月間7GB制限)」とテザリング非利用時の「パケット定額 for 4G LTE(通信量無制限)」の速度制限実施要件が並ぶこととなります。


公式Twitterで速度制限の緩和を検討することを孫正義氏が明かしてからわずか1日での正式発表。ここまで迅速に実施が決定したのは、iPhone 5発売でソフトバンクからKDDIへのMNP流入が従来の3倍に達したことも少なからず影響していると考えられます。

・関連記事
Xi・au 4G LTE・Softbank 4G LTE・EMOBILE LTE・Softbank 4G・UQ WiMAXの通信量、速度制限まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

実はかなりお買い得、ソフトバンクがイー・アクセスを買収する狙いを考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5は「プラチナバンド版LTE」に非対応、イー・モバイルでも利用可能か | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】auが「iPhone 12 mini(128GBモデル)1円」「回線契約なしで割引」で他社を圧倒、ドコモに落とし穴も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」うれしい値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」値下げで過去最安に、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  5. 【速報】Xiaomi「POCO X3 GT」ほぼ3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホが大容量モデルも割安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング