次世代高速通信「UQ WiMAX 2+」はTD-LTEと互換性、既存のWiMAXエリアでも利用可能

このエントリーをはてなブックマークに追加



かねてからサービスを展開することが告知されていたものの、WiMAX陣営がLTEへ移行しつつあることを受け、採用する規格を見直す必要性が唱えられつつあった次世代WiMAX「WiMAX 2」がTD-LTEと互換性を持つ「UQ WiMAX 2+(仮)」として展開される方針であることが明らかになりました。



次世代サービス「UQ WiMAX 2+(仮称)」の導入について | UQ WiMAX - ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット

UQコミュニケーションズ株式会社2012年10月30日にWiMAX Forumが「WiMAX Release2.1」規格を発表したことに伴い、「UQ WiMAX」の次世代サービス規格として同規格を採用する方向で検討に入るそうです。

「WiMAX Release2.1」は現在UQが採用している「WiMAX Release1.0」規格を含む、これまでのWiMAXとの親和性確保と高速化、更にはTD-LTE方式との互換性確保によるエコシステム構築を目指した規格とのこと。つまり既存ユーザーは今までのWiMAX機器を継続して利用可能となります。

次世代WiMAXサービス「WiMAX 2+(「ワイマックスツープラス」仮称)」では、すでに整備されたWiMAXエリアもシームレスに利用できるとしており、総務省に求めている新たな20MHz幅の周波数割当が行われた場合、同サービスで利用するとしています。

ちなみにソフトバンクが展開している「AXGP」もTD-LTE方式と互換性を保持しているため、今回の「WiMAX Release2.1」登場を受け、将来的に日本国内では大手携帯電話3社が提供する「FDD-LTE」と「TD-LTE」の2つの通信規格がメインストリームとなるわけです。

・次の記事
「UQ WiMAX」からAXGPと同じTD-LTE互換の「UQ WiMAX 2+」へと至る流れを振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)


・関連記事
UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G徹底比較、本当に選ぶべきは「業界最速」ではない | BUZZAP!(バザップ!)

今さら聞けない「3G」「4G」「WiMAX」「LTE」「AXGP」「DC-HSDPA」「HSPA+」の違いとは? | BUZZAP!(バザップ!)

「au 4G LTE」「UQ WiMAX」の基地局併設について、気になるところを聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

Xi・au 4G LTE・Softbank 4G LTE・EMOBILE LTE・Softbank 4G・UQ WiMAXの通信量、速度制限まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

WiMAX vs LTEを競馬で再現、杉本清氏起用の「UQ WiMAX」プロモーション動画が面白すぎる | BUZZAP!(バザップ!)

「au 4G LTE」エリアをきめ細かく整備、これが世界初の「LTEピコセル基地局」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加