アナログなDTMマシン?紙とフェルトペンで音楽を作れる謎過ぎるデバイス「Dyskograf」

このエントリーをはてなブックマークに追加




初音ミクを始めとしたボカロの登場で押しも押されぬメジャーな存在となったDTM(デスクトップ・ミュージック)。様々なソフトが存在しますが、アナログにしてみたらこんなことになりました。

ターンテーブル型のこの装置が「Dyskograf」。この上に白い紙でできたディスクを置きます。



そしてフェルトペンで音を出したいところを黒く塗ります。塗るエリアによって音が変わります。


こんな風に塗りつぶすことも。


実際に音を出すとこうなります。

Dyskograf from Jesse Lucas on Vimeo.



これ1台だけではいちいち止めないと音を足せませんが、2台あれば音をミックスしながらライヴもできそうです。ただ、DTM愛好家からは「Ableton Liveを使えばいいじゃない!」との激しいツッコミも入りそう。

ableton Live 8
ableton Live 8
posted with amazlet at 12.11.12
ableton
売り上げランキング: 10281



・関連記事
ダンスすると音楽が生まれるヴィジュアルパフォーマンスシステム「V Motion Project」がすごい BUZZAP!(バザップ!)

100年以上昔に作られた世界最古のDJシステム BUZZAP!(バザップ!)

古いプリンターやFAXを大量に使ってボブ・ディラン「時代は変る」をカバーした「Brother Printer Orchestra」 BUZZAP!(バザップ!)

ヒロト、向井、チバ、ROYらが地上波でロックを語りつくす番組「THE ROCK STORIES」 BUZZAP!(バザップ!)

バーニング・マンで撮影された、フラフープの内側に取り付けられたビデオカメラから見る世界がすごすぎる! BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加