GoogleがNexusシリーズに続いて自社ブランドの「Chromebook」発売か、タッチパネルを搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加



2011年ごろからGoogleの「Chrome OS」を採用したノートパソコン「Chromebook」が数機種発売されていますが、Androidスマートフォンやタブレットで展開している自社ブランド「Nexus」シリーズに相当するモデルが投入される見通しであることが明らかになりました。



Google to launch own-brand touch-control notebook, says paper

台湾のIT系ニュースサイト「DIGITIMES」が報じたところによると、Googleが自社ブランドの「Chromebook」を発売する見込みであることを台湾の部品メーカー関係者が明かしたそうです。

同社製ChromebookはWintekが供給する12.85インチのタッチパネルを搭載し、Compalが生産を担当。早ければ2012年末にも出荷が開始される見通しとのこと。

圧倒的なシェアを獲得したAndroidスマートフォンに続き、「Nexus 7」「Nexus 10」の投入でiPadの独壇場だったタブレット市場でもシェアを獲得し始めたGoogle。

マイクロソフトの最新OS「Windows 8」の登場で、ノートパソコンにもタッチインターフェースが導入され始めているわけですが、これはGoogleにとって自社ブランドのChromebookを投入する好機ということなのかもしれません。

・関連記事
ついにGoogle自らが携帯電話事業への参入を検討か | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 5S」や「第5世代iPad」は2013年前半に登場か、新製品サイクルが1年から半年に | BUZZAP!(バザップ!)

「Nexus 10」「Nexus 7(32GB)」「Nexus 4」とAndroid 4.2発表、iPad圧倒でタブレット市場が変わる可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

iPadや他社製タブレットを上回る「Kindle Fire HD」2機種をAmazonが発表、「Kindle Paperwhite」も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加