地デジ対応フォトフレーム「PhotoVision TV 202HW」がいよいよ発売、機種変更でも基本使用料無料に

このエントリーをはてなブックマークに追加



「携帯電話新規契約・機種変更で1台プレゼント!」「セットで購入すると携帯電話本体をお値引き!」といった売られ方でおなじみのフォトフレームが地デジの受信・録画が可能な防水対応携帯型テレビとして進化した「PhotoVision TV 202HW」がいよいよ発売されることが発表されました。



テレビも見られる防水対応デジタルフォトフレーム 「PhotoVision TV 202HW」12月21日発売 | ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、同社はフルセグ搭載の3G通信機能付きデジタルフォトフレーム「PhotoVision TV SoftBank 202HW」を2012年12月21日より全国発売するそうです。また、発売に合わせて購入したユーザー全員にヒノキの香りの入浴剤をプレゼントするキャンペーンも実施されます。

「PhotoVision TV 202HW」本体。防水機能を利用してキッチンやお風呂などでも活用できるほか、ユーザーを感知して画面をオンオフする「人感センサー」や周囲の明るさを検知して画面の明るさを自動調節する「照度センサー」も搭載。天気予報やカレンダー、緊急地震速報機能にも対応したことで、今までのセット売りでなく「指名買い」を目指したモデルです。


また、PhotoVision向けに提供されているオプションサービス「あんしん保証パックライト」に、1年以上同一機種を利用かつ1年以上継続して同サービスを契約しているユーザーのバッテリー交換の修理代金を一律3150円割引する「内蔵型バッテリー交換修理割引サービス」を追加。

さらに、現在実施中の「フォトビジョンバリュープラン」の基本使用料が最大25ヶ月間無料になる「フォトビジョン基本料無料プログラム」についても対象者を拡大し、2012年12月21日以降は機種変更のユーザーも25ヶ月の月額利用料および機種変更手数料が無料になるとされています。

機種変更ユーザーを「フォトビジョン基本料無料プログラム」の対象としたのは、既存のフォトフレーム契約者の契約期間満了による解約を防ぐためであるであると思われますが、「PhotoVision TV 202HW」が通常のフォトフレームとは一線を画したモデルであることを考えると、ソフトバンクのねらいは思いのほか上手くいくのではないでしょうか。

・関連記事
地デジ録画もできる「PhotoVision 202HW」レビュー、フォトフレームは携帯型防水テレビに進化 | BUZZAP!(バザップ!)

Appleがシャープと新型テレビを開発か、テレビ事業の救世主となる可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

太陽光発電パネル無償設置・売電額還元・通信割引の「おうち発電プロジェクト」をソフトバンクが開始、ただし10年縛り | BUZZAP!(バザップ!)

「AQUOS PHONE Xx 203SH」がIGZO液晶搭載に仕様変更、ソフトバンクモバイルが告知 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加