「AQUOS PHONE Xx 203SH」がIGZO液晶搭載に仕様変更、ソフトバンクモバイルが告知

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクモバイルの2013年春モデルとして登場するシャープ製ハイスペックスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 203SH」のディスプレイがIGZO液晶に変更されることが告知されました。



「AQUOS PHONE Xx 203SH」に新世代ディスプレー「IGZO」を搭載 | ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、同社は2013年3月上旬以降に発売予定のスマートフォン「AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス) SoftBank 203SH」のディスプレイを「S-CGSillicon液晶」から「IGZO液晶」に変更することを決めたそうです。

IGZOは光の透過率を高めるとともに消費電力を大幅に抑え、画面の明るさと電池消費量の低減を両立したシャープの新世代ディスプレイで、大画面・高画質でありながら長時間の電池持ちを実現できることから、搭載が決まったとのこと。

なお、「AQUOS Phone Xx 203SH」はクアルコムのクアッドコアCPU「APQ8064(1.5GHz)」を備えた防水・防塵スマートフォンで、トリプル手ぶれ対策を採用した高性能な1630万画素カメラ、2200mAhの大容量バッテリー、ワンセグ、赤外線、NFCなどを搭載した下り最大76Mbpsの「Softbank 4G」対応スマートフォンです。

・12:20追記
プレスリリースには画面サイズや解像度についての言及がありませんでしたが、以下の製品ページでは当初搭載する予定だったS-CGSillicon液晶と同じ、4.9インチHD(1280×720)となることが告知されています。

スペック:AQUOS PHONE Xx 203SH (アクオスフォン ダブルエックス) | ソフトバンクモバイル

機能・サービス|AQUOS PHONE XX SoftBank 203SH|SoftBankラインアップ :SH DASH

・13:22追記
ソフトバンクモバイル広報室によると、「画面サイズ、解像度ともに変更ありません」とのこと。つまり4.9インチHDのIGZO液晶搭載で「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」とほぼ同じスペックのモデルとなります。

Panasonic USBモバイル電源パック リチウムイオン 5,400mAh 黒 QE-QL201-K
パナソニック (2012-05-28)
売り上げランキング: 126


・関連記事
シャープの切り札「IGZO液晶」搭載の「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」レビュー、消費電力は5分の1に | BUZZAP!(バザップ!)

「iPad mini 2(仮)」開発中、新たにRetina Displayを搭載へ | BUZZAP!(バザップ!)

シャープがクアルコムと「MEMSディスプレイ」共同開発へ、IGZO技術を核に再起なるか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加