「iPhone 5S」や第5世代iPadはIGZO液晶搭載で2013年6月発売か、128GBモデルも

このエントリーをはてなブックマークに追加



モバイル端末で最も電力を必要とするディスプレイ部分の低消費電力化を実現することから、シャープ再建の要とされている「IGZO液晶」を搭載する可能性が示唆されている「iPad mini 2(仮)」に続いて、「iPhone 5S」や第5世代iPadなどもIGZO搭載モデルとなる可能性が浮上しました。



Jefferies expects 'iPhone 5S' & new iPad in summer, 'iTV' next fall

Appleに関する情報を取り扱うことでおなじみの大手ニュースサイト「AppleInsider」が報じたところによると、投資会社「Jefferies」のアナリスト、Peter Misek氏がAppleのiPhone 5Sや第5世代iPadといったモデルが早ければ2013年6月に登場する見通しであることを明かしたそうです。

これは業界関係者の情報によるもので、いずれも「Retina+(仮)」と呼ばれるIGZO液晶を搭載すると見込まれているほか、新型iPhoneには新たなHDカメラや128GBのストレージ、NFCの搭載に加え、今までのホワイトやブラックにとどまらない最大6色のラインナップが期待されるとのこと。

また、ほかにもジェスチャーや音声制御で操作する新型「iTV」のプロトタイプや、携帯電話会社との契約無しで200~250ドル程度の価格で購入できるiPhone 4ベースで再設計された「廉価版iPhone」などの登場についてもMisek氏は示唆しています。

ちなみにシャープはiPad Retinaディスプレイモデルを上回る2560×1600の超高解像度を実現したIGZOディスプレイを複数試作しているほか、NTTドコモ向けスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」として製品化にこぎつけていることなどを考えると、iPhoneやiPadに搭載されるのも時間の問題だということは分かります。

「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」本体。なお、ソフトバンクが本日付けで来春発売予定の「AQUOS PHONE Xx 203SH」をIGZO液晶搭載へと仕様変更することを告知しました。


また、昨今では20nmプロセスで製造されたIntelのSSD「335シリーズ」が発売されるなど、フラッシュメモリの製造プロセスの微細化も進行中。これにより従来と同じサイズの筐体により多くのフラッシュメモリを搭載できるようになるため、128GBモデルの登場も現実味が無い話ではありません。

そしてiPod nanoなどに続いて、第5世代iPod touchまでもが複数カラー展開されるようになったことから、今後iPhoneのカラーバリエーションが増える可能性も十分に考えられるなど、今回Misek氏が示唆した数々の見通しは新製品サイクルの前倒しも含めていずれも荒唐無稽なものではないと感じられるため、続報が期待されます。

Panasonic USBモバイル電源パック リチウムイオン 5,400mAh 白 QE-QL201-W
パナソニック (2012-05-28)
売り上げランキング: 55


・関連記事
まさかの「ドコモ版iPhone 5」登場か、AppleがFOMAプラスエリアでも技適を通過させる | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 5S」や「第5世代iPad」は2013年前半に登場か、新製品サイクルが1年から半年に | BUZZAP!(バザップ!)

iPad miniや第5世代iPod touch購入時の注意点、気になる「Apple A5」搭載モデルの製品寿命 | BUZZAP!(バザップ!)

わずか6.1インチで新しいiPadを圧倒する解像度、「IGZO液晶」はシャープ再建の要に | BUZZAP!(バザップ!)

本体重量わずか5kg、iPadの比じゃないタブレット「Smart Display」はこんなにもすごい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加