まさかの「ドコモ版iPhone 5」登場か、AppleがFOMAプラスエリアでも技適を通過させる

このエントリーをはてなブックマークに追加



ユーザーの要望は確実にあるものの、AppleとNTTドコモの交渉が折り合わず、発売される気配が無い「ドコモ版iPhone」ですが、実現に向けて一歩踏み出したことが明らかになりました。



総務省 電波利用ホームページ | 技術基準適合証明等の公示

総務省が携帯電話やPHSといった機器などに、電波法に定める技術基準に適合しているかを認証する制度「技術基準適合証明」の公示ページによると、認証機関「ディーエスピーリサーチ」が9月13日付けでAppleのiPhone 5「A1429」に対して、「証明規則第2条第11号の3に規定する特定無線設備(W-CDMA方式携帯無線通信用陸上移動局)」の832.4~837.6MHz帯をサポートしていることを認証したそうです。

「A1429」は国内ではKDDI向けのCDMAモデルとソフトバンクモバイル向けのGSMモデルが展開されていますが、今回Appleの申請によって認証を受けた同周波数帯域は国内ではNTTドコモの「FOMAプラスエリア」に該当。なお、いずれの「A1429」もNTTドコモのLTEサービス「Xi」で利用されている「バンド1」という周波数帯にも対応しています。

あくまでNTTドコモが使っているLTEサービスと3Gサービスの両方を正式にサポートしていることが判明した……ということに過ぎませんが、気になるのは「どうしてAppleがわざわざNTTドコモの周波数帯で認証を申請したのか」という部分。これはAppleとNTTドコモのiPhoneをめぐる水面下での交渉が今でも進んでいることを示しているとも考えられるのではないでしょうか。

・関連記事
ドコモやauと逐一比較してLTEなどの優位性を主張するソフトバンク、実際のところはどうなのか | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 5S」や「第5世代iPad」は2013年前半に登場か、新製品サイクルが1年から半年に | BUZZAP!(バザップ!)

第4世代iPadとiPad miniも「プラチナバンド版LTE」非対応、KDDIとソフトバンクによるSIMロック紛争勃発か | BUZZAP!(バザップ!)

iPad miniや第5世代iPod touch購入時の注意点、気になる「Apple A5」搭載モデルの製品寿命 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加