ウィルコムがサポートコインや修理アシストなどを終了へ、サービスセンター有料化に続いて

このエントリーをはてなブックマークに追加



サービスセンターの一部有料化に踏み切ったウィルコムがサポートコインや修理アシストサービスなどを終了することを発表しました。また、支払期日も一本化されます。



WILLCOM|ご利用料金のお支払い期日の変更および一部サービスの提供終了について

ウィルコムのプレスリリースによると、同社は毎月15日締切、翌月12日が支払い期日となっているユーザーに対して、12月の利用料金から「末日締切、翌月27日までの支払い」へと変更するそうです。また、2013年5月以降(予定)から、すべてのユーザーの支払い期日を翌月26日に変更するとのこと。


そして毎月の請求額に応じて自動的にたまる「コイン」を機種変更時や修理時に代金の一部として利用できる「サポートコイン」や、電話機・データカードが故障した際に修理代金の一部をウィルコムが負担し、ユーザーの負担を軽減する「修理アシストサービス」などの各種サービスも終了決定。終了するサービスとその時期は以下の通り。

・2013年3月末をもって終了
「国際ローミング」「ウィルコム ミーティング」「修理アシストサービス」「AIR-EDGEレンタルサービス」「ウィルコム海外レンタルサービス」「長期代品貸出サービス」「法人向け電話機レンタルサービス」

・2013年4月末をもって終了
「ウィルコム無線LANオプション」「ウィルコム無線LANオプション エクスプレスエリアコース」

・2013年5月以降(予定)をもって終了
「サポートコインサービス」

各種サービスについては、以下のページでまとめられています。

WILLCOM|一部サービスの変更・提供終了のご案内
http://www.willcom-inc.com/ja/finfo/index.html


サービスセンターの一部有料化や支払期日統一、各種サービスの終了など、これらすべてはコスト削減の一環であると考えられますが、古くからのウィルコムユーザーにとって少しショッキングな内容かもしれません。

・関連記事
ウィルコムがサービスセンター有料化、オペレーターとの通話や各種手続き、操作の問い合わせが対象に | BUZZAP!(バザップ!)

スマフォを充電できる「ENERUS WX03S」レビュー、世界初の外付けバッテリー機能を搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

ツートンカラーな「HONEY BEE 5 WX07K」レビュー、防水・スマフォ連携対応でより実用的に | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムの累計契約数が500万件を突破、ドコモやauとのセット販売も | BUZZAP!(バザップ!)

「DIGNO DUAL WX04K」路線でいいのか、「ウィルコムのスマートフォン」への熱い思いをぶつけるアンケート実施中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加