「DIGNO DUAL WX04K」路線でいいのか、「ウィルコムのスマートフォン」への熱い思いをぶつけるアンケート実施中



「HYBRID W-ZERO3」以来、実に2年半ぶりとなるウィルコムの最新スマートフォンとして今年6月に登場した「DIGNO DUAL WX04K」。

しかし、蓋を開けてみると「PHSパケット通信不可」「テザリング非対応」「メールアドレス強制変更」など、ユーザーの期待とは裏腹に思わず首をかしげたくなる部分があったわけですが、ユーザーが求める「ウィルコムのスマートフォン」についてのアンケートが有志によって行われています。



これが有志によって行われているアンケート。「DIGNO DUAL WX04Kが欲しいけど、購入できない」という人の意見を聞くことを目的としたもの。すでに開設1日半で寄せられた100件以上の回答がソフトバンクモバイル取締役専務執行役員CTOでウィルコム管財人団の宮川潤一氏に送付されています。

WILLCOM PHS×3GのAndroidスマフォについてのアンケート


「PHSでのパケット通信に対応してほしい」「3Gパケット定額が高い」「標準でテザリングに対応してほしい」「今までのメールアドレスを使えるようにしてほしい」「PHS用の基地局を増やせば考える」など、どういう施策が実施されれば「WX04K」を契約するか……ということが質問項目に含まれているほか、一言メッセージも受け付けています。

あくまで非公式なアンケートであるため、寄せられた要望が実現するかどうかは未知数ですが、W-ZERO3シリーズで「ウィルコムのスマートフォン」に魅せられてしまったユーザーは、一度熱い思いをぶつけてみても良いのではないでしょうか。

・関連記事
W-ZERO3ユーザーの見果てぬ夢、QWERTYキーボード搭載スマートフォンまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

高まる「WX04K」への期待、早すぎた国産スマートフォン「W-ZERO3」シリーズの歴史を振り返る | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが「もう1台無料キャンペーン」への3年縛りを撤回、契約解除料などが不要に | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムがすべての道の駅をエリア化へ、ソフトバンクの鉄塔に便乗も | BUZZAP!(バザップ!)

高いのにはわけがある、ウィルコムが「DIGNO DUAL WX04K」のメリットを解説 | BUZZAP!(バザップ!)

「DIGNO DUAL WX04K」も対象、ウィルコムの「3年縛り」が当たり前になるまでの過程を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気の格安タブレット「Xiaomi Pad 5」大幅値下げ、新型CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用でゲームもガンガン遊べます
  2. 1万円の新型タブレット「BMAX MaxPad I9 Plus」値下げ再び、大画面にステレオスピーカー搭載で動画視聴も快適
  3. 大容量8GBメモリの格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円台に、十分な性能と高画質カメラでゲームやナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル
  4. 「Pixel 7」第2世代Tensorはゲーマー向けに進化か、ただしCPUやカメラはほぼ変化なし
  5. 「スマホの店頭即時修理」ドコモショップで開始、60分で修理できてデータ移行不要、しかもバッテリー交換も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング