iOS6のマップは命に関わる危険物だとオーストラリア警察が発表

このエントリーをはてなブックマークに追加




パチンコガンダム駅をはじめ、日本でも話題騒然だったiOS6のマップ。オーストラリアでは命に関わるほど危険な欠陥があるとヴィクトリア州の警察から発表されました。

iOS6のマップのできの悪さはAppleのマップ責任者が解雇されるほど酷いものでしたが、オーストラリアにおいては笑いごとでは済まないレベルでした。ヴィクトリア州の街、Milduraの警察が発表したところによると、iOS6上のiPhoneのマップ機能をナビとして使用した際にまったく違った場所に誘導される恐れがあるということ。

Mildura警察がMilduraを地図上で検索したところ、実際の位置から南西に70kmも離れたマレー・サンセット国立公園が表示されてしまいました。このエリアは水の供給がなく気温が46℃まで上がることもあるため、間違って誘導されて迷い込んだ場合には生命の危険もあると述べています。

大きな地図で見る

実際にiOS6のマップを信じて24時間以上水も食料もない状態で危険な場所を間違った方向に歩いていた人もいたということ。

警察は、iOS6上でのマップが安全な状態に修正されるまでは他のマップを使用するように注意を呼びかけています。

ヴィクトリア州は数年前に100人以上が犠牲になる山火事も起こるなど、乾燥と高温、水不足が問題となっている地域。日本ではネタで済んでいましたが、これは深刻です。他の国や地域でもこのようなことがないのか、早急なチェックが待たれます。

Victoria Police Online News Centre - Police concerned with Apple iOS 6 mapping system

ジオモバイルプログラミング iPhone&Androidで位置情報アプリを作ろう
郷田まり子 宅間俊志 近藤昭雄
ワークスコーポレーション
売り上げランキング: 120549



・関連記事
2012年のクリスマスプレゼントはタブレットで決まり?販売台数が前年比で10倍に BUZZAP!(バザップ!)

本体重量わずか5kg、iPadの比じゃないタブレット「Smart Display」はこんなにもすごい BUZZAP!(バザップ!)

「mixi」のシェアが97%から2%に激減、大学生が利用するSNSは「Twitter」と「LINE」が2強に BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加