究極のXperia「Yuga/Odin」は「Xperia Z SO-02E」としてまもなく登場へ、5インチフルHD液晶などを搭載



「Yuga/Odin」といったコードネームで開発中とされる「究極のXperia」が来年頭にも発表されるのではないか……とまことしやかに語られている昨今ですが、同モデルの正式名称が「Xperia Z SO-02E」となる見通しであることが明らかになりました。



Sony Xperia Z = Yuga | Xperia Blog

海外メディア「Xperia Blog」が報じたところによると、ソニーが「Yuga」ないし「Odin」というコードネーム(型番はC660X)で開発している新型Xperiaの正式名称は「Xperia Z」になると目されているそうです。

「Xperia Z」は「HTC J butterfly」などと同じ5インチのフルHD液晶に液晶テレビ「BRAVIA」で採用されている「オプティコントラスト技術」を採用。これにより映り込みや反射が少なく、クリアな表示を楽しむことができるほか、防水・防塵性能を搭載。

オプティコントラストパネルのイメージ図。


また、「Xperia Z」は最新のAndroid 4.2やCPUに「APQ8064(クアッドコア、1.5GHz)」、2GBメモリ、32GBフラッシュメモリなどを搭載したモデルとなる見通しで、ソニーが今年8月に発表した、より暗いところでの高画質撮影を実現する新型センサー「Exmor RS」採用の1300万画素カメラを備える可能性もあるとのこと。

ドコモ向けXperia Yuga SO-02EがFCC通過、電池パックの容量は2330mAhに|Blog of Mobile!!~最新ケータイ情報~

さらにアメリカ連邦通信委員会(FCC)を通過した情報から、同モデルはNTTドコモ向けに「SO-02E」としてリリースされることが判明しており、2330mAhの大容量バッテリーを搭載する予定となっています。

ノートパソコン「VAIO」やウォークマンなど、自社の主力製品が一応の完成形を見た際に「Z」というシリーズ名を付ける傾向にあるソニーであるだけに、フルスペックモデルのXperiaが「Xperia Z」という名称になる……という今回の報道は、なかなか現実味を帯びたものとなりそうです。

・関連記事
フルHD液晶搭載の「究極のXperia」登場か、コードネームは「odin(オーディン)」 | BUZZAP!(バザップ!)

5インチフルHDのXperia、Galaxy、Optimusシリーズが続々登場へ、HTCやシャープに続いて | BUZZAP!(バザップ!)

従来より安価で低消費電力な国産スマートフォンが登場へ、脱クアルコムで日本勢巻き返しか | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia VL SOL21」も「Xperia AX」同様おサイフケータイに相性問題、かざし方に要注意 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング