おっぱいを揉むと乳がん予防になるという驚きの研究結果

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by TipsTimes

近年日本でも増えつつある乳がん。誰にでも簡単にできる予防法が発表され、大きな話題となっています。


BREAKING Squeezing Breasts Could Help Prevent Cancer Geekologie

その予防法とはズバリ「おっぱいを揉む」こと。おっぱいの上皮にある将来がん細胞に変化する可能性のある悪性細胞は、おっぱいを揉んで刺激をすることで普通の細胞と同じ細胞分裂パターンに戻り、がん細胞にはなりにくくなるということ。

カリフォルニア大学バークレー校の研究チームはおっぱいの上皮部分にある悪性細胞をジェルと一緒にシリコン製のバッグに注入。バッグごと悪性細胞を揉みしだきました。

すると、揉まれた悪性細胞は通常の組織だった成長を始め、正常な上皮細胞を形作ったところで成長はストップ。揉むのをやめた後でもがん細胞のように無秩序に増え続けることはありませんでした。一方、揉まれなかった悪性細胞はがんに繋がるランダムな増殖パターンを繰り返したとのことです。

もちろん100%の予防法など存在しませんが、男性諸君にとっては全く苦にも手間にもなりようのない簡単ケア。パートナーの女性の健康のために実行してみる価値はありそうです。


・関連記事
モスクワの路上で撮影されたあまりにも繊細で美しすぎる雪の結晶 BUZZAP!(バザップ!)

ハイにならない医療用マリファナがイスラエルで開発される BUZZAP!(バザップ!)

2030年には相手なしの電脳セックスで快楽を得られる社会が訪れる? BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加