「Xperia Z(SO-02E)」正式発表前に本体写真が登場、ようやくウワサの域を出る

このエントリーをはてなブックマークに追加



5インチフルHD液晶、クアッドコアCPUなどを備え、「Yuga/Odin」といったコードネームで開発中とされる「究極のXperia」こと「Xperia Z(SO-02E)」の本体写真が登場しました。



Sony Xperia Z spotted on CES show floor before it opens - Pocket-lint

海外ニュースサイト「Pocket-lint」が報じたところによると、世界最大規模の家電見本市「CES 2013」会場に展示されている、正式発表前のソニー製スマートフォン「Xperia Z」の本体写真が公開されています。


これによりあくまでウワサの段階にとどまっていたモデル名なども確定したことになるわけですが、リークされた情報から、ほかにも一回り小さい「Xperia ZL」が発売されるという情報もあります。


なお、「Xperia Z」は液晶テレビ「BRAVIA」で採用されている「オプティコントラスト技術」採用の5インチフルHD液晶や「APQ8064(クアッドコア、1.5GHz)」、2GBメモリ、32GBフラッシュメモリ、2330mAhの大容量バッテリーに加え、防水・防塵性能を搭載しており、NTTドコモから「SO-02E」として発売予定。

さらにソニーが今年8月に発表した、より暗いところでの高画質撮影を実現する新型センサー「Exmor RS」の最上位モデルにあたる1300万画素タイプを備える可能性が指摘されています。

・次の記事
ソニーが「Xperia Z」「Xperia ZL」正式発表、「SO-02E」としてNTTドコモから発売予定 | BUZZAP!(バザップ!)



・関連記事
【新春企画】「2013年のスマートフォン」を大胆予測してみた | BUZZAP!(バザップ!)

フルHD液晶搭載の「究極のXperia」登場か、コードネームは「odin(オーディン)」 | BUZZAP!(バザップ!)

5インチフルHDのXperia、Galaxy、Optimusシリーズが続々登場へ、HTCやシャープに続いて | BUZZAP!(バザップ!)

従来より安価で低消費電力な国産スマートフォンが登場へ、脱クアルコムで日本勢巻き返しか | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia VL SOL21」も「Xperia AX」同様おサイフケータイに相性問題、かざし方に要注意 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加