ソニーがプレイステーションのOSを搭載したスマートフォンを検討中

このエントリーをはてなブックマークに追加



以前「Xperia Play」という、初代PSソフトをプレイできるAndroidスマートフォンを発売していたソニーが、「プレイステーションのOSを搭載したスマートフォン」を検討中であることが明らかになりました。



スマホのシェア奪回へプレステOS搭載示唆-ソニー・平井社長:日刊工業新聞

日刊工業新聞社の報道によると、ソニーの平井一夫社長が2014年3月期以降にテレビ事業で増収を目指す方針を明らかにしたと共に、スマートフォンの基本ソフトに自社のプレイステーションOSを搭載する可能性を示したそうです。

これはスマートフォンを成長エンジンに位置づけていることを受けたもので、現在はAndroidスマートフォンのみをリリースしていますが、「ひとつのOSにこだわっているわけではない」として、中長期的に自社のプレイステーションOSの搭載可能性も示唆したとのこと。

ソニーは自社開発のインターフェース「XMB(クロスメディアバー)」をPSPやPS3に導入することで快適な操作性を実現していますが、実際にスマートフォン向けにOSを搭載する場合、どのように進化するのかは気になるところ。

また、スマートフォンの進化が進み、PS Vitaのスペックを上回りつつあるわけですが、PS3をはじめとする据え置きゲーム機との連携や既存のソフトウェア資産をどの程度生かすことができるようになるのかにも注目が集まりそうです。


・関連記事
ソニーが「Xperia Z」「Xperia ZL」正式発表、「SO-02E」としてNTTドコモから発売予定 | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが4K対応の56インチ有機ELテレビを開発、世界初・世界最大サイズに | BUZZAP!(バザップ!)

PS Vitaがnasne本格対応、タッチ操作や無線LAN経由での番組試聴・書き出しも可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加