4Kの解像度が実際にどれほど高画質かが分かる動画

このエントリーをはてなブックマークに追加




先日BUZZAP!では2014年に超高解像度の4Kテレビ放送が始まる見込みであることをお伝えしましたが、そのクオリティを垣間見ることのできる動画がYoutubeにUPされて話題になっています。

4KはフルHDの4倍(3840×2160)という超高解像度。実際の普及には機器の値段の他、そこまでの需要が本当にあるのかという問題もありますが、映像そのもののクオリティは非常に高いもの。

今回YoutubeにUPされたこの動画はインクを水に落として広がり、交じり合う様子を撮影したもの。4Kの解像度を楽しむためには画像クオリティを「オリジナル」に設定してフルスクリーンで視聴してみて下さい。


4K放送がこのクオリティだとしたら、あなたならどうしますか?

TOSHIBA REGZA 液晶テレビ55V型 55XS5
東芝 (2012-06-30)
売り上げランキング: 54,434



・関連記事
4K放送が2014年に開始へ、スーパーハイビジョン放送は2016年に BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが4K対応の56インチ有機ELテレビを開発、世界初・世界最大サイズに | BUZZAP!(バザップ!)

材料コスト10分の1、レアメタル不要で安価な有機ELディスプレイが登場へ | BUZZAP!(バザップ!)

スーパーハイビジョン(SHV)につながる「HEVC(H.265)」はどれだけ高精細なのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加