Nexus 7に3G対応モデル登場、W-CDMA(HSPA+)方式に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPadの独壇場だったタブレット市場に風穴を開けつつあるGoogleのタブレット「Nexus 7」に3G対応モデルが登場しました。

Wi-Fiルーターなどと組み合わせる必要が無く、単独で通信可能になります。



ASUSのプレスリリースによると、同社はモバイル通信に対応した「Nexus 7」の32GBモデルを2月9日(土)から日本向けに発売するそうです。「Nexus 7」は最新のAndroid 4.2を搭載し、Google Playを楽しむために作られた7インチサイズのタブレットで、予想実売価格は2万9800円。


モバイル通信対応版「Nexus 7」はSIMロックフリー端末で、microSIMスロットにSIMカードを挿入すれば、いつでもどこでもW-CDMA(HSPA+)方式でインターネットに接続可能。対応する周波数帯は850、900MHz、1.7GHz、1.9GHz、2.1GHzで、NTTドコモやソフトバンクモバイル、イー・モバイルのネットワークで利用できると思われますが、確認が必要です。


CPU(Tegra 3、1.3GHz)やディスプレイ(7インチIPS液晶、1280×800)といった基本的な仕様は同じですが、本体サイズが0.2mm厚い幅198.5mm×奥行き120mm×高さ10.65mmとなったほか、重さも10グラム増の約350グラムになっています。


少女革命ウテナ Blu-ray BOX 下巻
キングレコード (2013-02-27)


・関連記事
今さら聞けない「3G」「4G」「WiMAX」「LTE」「AXGP」「TD-LTE」「DC-HSDPA」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

第2世代にあたる新型「Nexus 7」は5月に登場か、フルHD液晶などを搭載へ | BUZZAP!(バザップ!)

GoogleがNexus 10の国内販売をようやく開始、iPadよりも薄型軽量で高精細に | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】ついに「Tegra 4」正式発表、72コアGPU搭載でSnapdragon圧倒やHDR撮影の高速化も | BUZZAP!(バザップ!)

本体重量わずか5kg、iPadの比じゃないタブレット「Smart Display」はこんなにもすごい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加