ついにNTT本体がドコモにiPhone取り扱いを要求し始める



NTTドコモの親会社、NTTがiPhoneの取り扱いをドコモに対して要求していることが明らかになりました。

Appleが携帯電話会社に課すノルマから、実現すれば国内のスマートフォンメーカーが壊滅しかねないという懸念もある「ドコモ版iPhone」ですが、ユーザーだけでなくNTT内部からの圧力も強まっています。



NTT社長 ドコモは販売戦略見直しを NHKニュース

NHKの報道によると、NTTドコモの親会社であるNTTの鵜浦博夫社長が、顧客獲得競争で前年同期比1.6%減少するなど、苦戦が続くNTTドコモについて、販売戦略の見直しが必要だという認識を示したそうです。

鵜浦社長はiPhoneを念頭に「大きなブランドに苦戦している状況は今も変わらない。新しい商品で善戦しているのもあるが、販売戦略は変化の時期にそろそろ来ている」とした上で、「私自身はユーザーのニーズに応えることも必要だという思いでドコモと意見交換している」とコメント。

しかしながらドコモ社内にはiPhone発売に踏み切れば国内の携帯電話メーカーが深刻な販売不振に陥るという懸念も出ていることもあり、方針が明確になっていないとされています。

なお、NTTドコモの加藤社長は今年に入って報道各社の取材に対して、同社が扱うスマートフォン全体の2~3割なら受け入れ余地はあるとコメントするなど、NTTドコモ独自サービスの組み込み以外に、Appleと販売数の部分で条件が折り合わないことを示唆しています。

ちなみに当のApple自身もメーカーから調達するiPhone 5向けパーツを減らすなど、iPhoneの成長に陰りが見えており、強気でいられなくなってきているわけですが、NTTドコモとAppleの綱引きははたしてどのような形で決着するのでしょうか。


・関連記事
「NTTドコモ版iPhone」発売に必要な条件が判明、実現すれば国内メーカー壊滅も | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがLTE(Xi)を150Mbpsに増速へ、「AQUOS PHONE ZETA」「Xperia AX」が対iPhoneで存在感を発揮 | BUZZAP!(バザップ!)

「iPad mini 2(仮)」向け液晶が製造開始、Retina DisplayやA5Xプロセッサ搭載か | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがスマフォで「H.265/HEVC」を再生可能に、動画の高画質化やネットワーク負荷軽減も | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  5. 「Zenfone 8 Flip」最安価格から2割近く大幅値下げ、風景も動画も自撮りもキレイに撮れる回転式カメラが楽しい1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング