「iPad mini 2(仮)」向け液晶が製造開始、Retina DisplayやA5Xプロセッサ搭載か

このエントリーをはてなブックマークに追加



第2世代にあたるAppleの「iPad mini 2(仮)」向けディスプレイが製造開始されたことが明らかになりました。

昨年11月の時点でRetina Displayが搭載されることが報じられていましたが、CPUの性能も向上するとされています。



iPad mini 2曝光:-iPad mini 2,苹果

中国メディア「MyDrivers」の報道によると、台湾の液晶メーカー「友達光電(AUO)」がiPad mini 2向け液晶の小規模生産に取りかかったそうです。製造されているのは7.9インチ、2048×1536(324ppi)の「Retina Display」で、初代iPad miniの4倍の解像度を実現。

また、解像度が向上するのに合わせてCPUが初代iPad miniやiPhone 4S、第5世代iPod touchに採用されている「Apple A5」から第3世代「新しいiPad」が搭載していた「Apple A5X(Apple A5のグラフィック性能を2倍に強化したもの)」に変更されることも明かされています。

Apple Lightning - USBケーブル MD818ZM/A
アップル (2012-09-22)
売り上げランキング: 10


・関連記事
第2世代にあたる新型「Nexus 7」は5月に登場か、フルHD液晶などを搭載へ | BUZZAP!(バザップ!)

「NTTドコモ版iPhone」発売に必要な条件が判明、実現すれば国内メーカー壊滅も | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 5S」や第5世代iPadはIGZO液晶搭載で2013年6月発売か、128GBモデルも | BUZZAP!(バザップ!)

Appleがシャープと新型テレビを開発か、テレビ事業の救世主となる可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加