iPhone獲得を否定したドコモの切り札「Tizen」スマートフォン、第1弾はSamsung製か

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日iPhone獲得交渉を否定したNTTドコモがAndroidに加えて展開予定の新OS「Tizen」において、Samsung製スマートフォンを販売する見通しであることが明らかになりました。



朝日新聞デジタル:ドコモ、新OS「タイゼン」スマホ サムスン製の見通し - 経済・マネー

朝日新聞社の報道によると、NTTドコモは2013年冬モデルとして新OS「Tizen(タイゼン)」を使ったスマートフォンを投入するそうです。

「Tizen」は基本情報が公開されているため、携帯電話事業者が改良を加えて独自のアプリやサービスが提供しやすくなることがメリットで、アプリなどの開発費用も抑えられるとのこと。

Androidと比較して開発コストが安く、ドコモ独自のアプリやサービスを提供しやすくなるため、iPhoneへの対抗馬として注力する予定とされています。

また、NTTドコモはTizenを搭載したスマートフォンの開発で先行しているSamsung製のスマートフォンを販売する見通し。Androidのフラッグシップとして長らく「Galaxy」シリーズを据えてきたNTTドコモですが、TizenにおいてもSamsungが主流となりそうです。


・関連記事
NTTドコモが10Gbpsの超高速通信に成功、一般的な光ファイバー100本分に相当 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモ加藤社長がiPhone獲得交渉を否定、Samsungなどと新OS「Tizen」に注力へ | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z」などの2013年春モデルのスマホを買ってはいけないこれだけの理由 | BUZZAP!(バザップ!)

Xiの高速化へつながる700MHz・800MHz・1.5GHz・1.7GHz・2GHz帯対応の基地局アンテナをNTTドコモが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加