Xiの高速化へつながる700MHz・800MHz・1.5GHz・1.7GHz・2GHz帯対応の基地局アンテナをNTTドコモが開発

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが自社に割り当てられたすべての周波数帯を1台でカバーできる基地局アンテナを開発しました。

これにより700MHzのプラチナバンドを用いたLTEサービスのサービスインもスムーズに進められることができるようになり、将来的に「docomo LTE Xi」の高速化につながります。



報道発表資料 : 700MHz帯対応マルチバンド基地局アンテナの開発 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモの報道発表資料によると、従来の800MHz帯、1.5GHz帯、1.7GHz帯、2GHz(2.1GHz)帯の4つの周波数帯に対応した従来のマルチバンド基地局用アンテナに700MHz帯を追加した新型基地局アンテナを開発し、2013年3月から順次導入するそうです。

これは同社が総務省から新たに割り当てを受けた700MHz帯を利用したLTEサービスを2015年1月に提供する予定であることを受けたもので、従来アンテナと同じ大きさに小型化できたため、アンテナの設置空間が限られた基地局でも導入可能。

アンテナ本体。左が3セクタ用、右が6セクタ用(都市部などの密集地向け)です。


また、NTTドコモ独自開発の電波干渉抑圧技術によって、アンテナ内での電波の相互干渉を著しく低減しつつ5周波数帯対応を実現しています。



・関連記事
NTTドコモが「iPhone 5S」を6~7月に発売か、廉価版iPhone登場も | BUZZAP!(バザップ!)

ついにNTT本体がドコモにiPhone取り扱いを要求し始める | BUZZAP!(バザップ!)

「ドコモ版iPhone5S」を警戒、KDDIがスマートフォンの下取りを準備中であることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがLTE(Xi)を150Mbpsに増速へ、「AQUOS PHONE ZETA」「Xperia AX」が対iPhoneで存在感を発揮 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加