60インチ台も夢じゃない、本当に安くなった大型液晶テレビからお買い得品を探してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加



「1インチ1万円」と言われていたのも今は昔、気がつけば30インチ台のモデルを中心に「1インチ1000円」を大きく割り込んでいる液晶テレビですが、やはり映画鑑賞やリビングに設置する目的であれば、なるべく大きい画面のモデルを選びたいもの。

今回は実用性と価格の面を勘案して、コストパフォーマンスの高いお買い得品をサイズ別にピックアップしてみました。



◆国内メーカー製で一番お買い得な大画面液晶テレビ、ほぼシャープ無双状態に
今回BUZZAP編集部がピックアップする基準にしたのが、液晶独特のカクつきを抑え、動きの激しいシーンでもなめらかに表示できる「倍速液晶」と、外付けHDDを接続するだけでテレビ番組を録画できる機能に対応した国内主要メーカーのモデル。

大手価格情報サイト「価格.com」に掲載されている中で、1インチあたりの単価が最も安いモデルを各サイズ別にまとめてみたところ、シャープだらけになりました。なお、いずれも2013年3月16日14:05現在の価格となります。

・40インチ台
シャープのフリースタイルAQUOS「LC-40F5-B(40インチ)」。チューナー部とディスプレイ部をワイヤレス接続できるため、置き場所を選ばず、壁掛けなども可能なモデルです。価格は4万8888円。


・50インチ台
シャープのフリースタイルAQUOS「LC-52F5-B(52インチ)」。「LC-40F5-B」同様、チューナー部とディスプレイ部をワイヤレスで接続できるため、置き場所を選ばず、壁掛けなども可能なモデル。価格は11万4000円。


・60インチ台
シャープのLED AQUOS「LC-60B5(60インチ)」。従来方式では不可能だった「深く沈み込んだ漆黒」「輝く白」を再現でき、高速応答も実現した「UV2A」技術を搭載した液晶テレビ。価格は14万4800円。


・70インチ台
シャープのAQUOS クアトロン「LC-70Q7(70インチ)」。色の表現力を大幅に高めた4原色技術「クアトロン」を採用したモデルで、価格は28万6000円。さすがに70インチを超えると割高になり、さらに大画面の80インチモデル「AQUOS クアトロン 3D LC-80XL9」では62万8000円に。


◆一番リーズナブルなのは40インチ台、60インチ超えの大画面テレビも夢じゃない
BUZZAP編集部員が2008年に同じシャープ製の32インチ液晶テレビを購入した際、本体価格は13万円だったことを考えると、本当に大きく値下がりしたことがよく分かる液晶テレビ。

コストカットのためか30インチ台のモデルは倍速液晶などの機能が省かれているものも多く、画質面も考慮すると最もリーズナブルなのは40インチ台であると思われますが、60インチを超えるモデルももはや決して手が届かない金額ではありません。

また、40~50インチ台では東芝や三菱電機などのモデルもシャープとほぼ変わらない価格で販売されているため、選択の幅はなかなか広いのではないでしょうか。

nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2012-08-30)


・関連記事
円安が直撃したHDD、1ヶ月でどれだけ値上がりしたのか | BUZZAP!(バザップ!)

録画したテレビ番組やBlu-rayをネット経由で視聴できる「Remote TV」をKDDIが発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

基本使用料0円のPhotoVisionやみまもりケータイの注意点、解約し忘れるとどうなるのか | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「HTC J(ISW13HT)」が機種変更でも処分価格に、コストパフォーマンスは絶大 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加