ついに「HTC J(ISW13HT)」が機種変更でも処分価格に、コストパフォーマンスは絶大

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマートフォンの高価格化やMNPの優遇が進み、機種変更したいユーザーには厳しい時代となりましたが、KDDIが2012年夏モデルのフラッグシップ端末として発売した「HTC J(ISW13HT)」を新規・機種変更ユーザー向けにも大きく値下げしました。

2012年冬モデルに引けを取らないスペックに加え、1万円相当の高音質イヤホンを同梱するなど、絶大なコストパフォーマンスを実現しています。



◆「HTC J」の新規契約や機種変更がリーズナブルに
HTC J ISW13HT レッド(HTI13SRA) | au Online Shop


KDDIの公式オンラインショップ「au Online Shop」によると、2012年12月19日15:25現在、「誰でも割」や「毎月割」の拡充によって、「HTC J(ISW13HT)」が安価に販売されています。

新規契約時の本体価格。2年契約が必要な「誰でも割」を契約した場合、1万5750円値引きされ、さらに毎月1365円が割り引かれる「毎月割」によって4410円で購入可能(24ヶ月利用時の実質価格)となっています。


機種変更時は毎月割が1995円となり、24ヶ月利用時の実質価格は5040円に。さらに「auスマートバリュー」を利用すれば、2年間にわたって月額料金から1480円(その後は月額980円)が割り引かれます。


MNP利用時は24ヶ月利用時の本体価格が0円となった上、月額料金から254円が割り引かれる計算となりますが、携帯電話ショップなどの方がMNP特典が充実しているケースもありそう。


◆実は2012年冬モデルに引けを取らないスペックの「HTC J」
さすがにKDDIが2012年冬モデルのフラッグシップとしてリリースした「HTC J butterfly」や「Optimus G」にはスペック面で引けを取る「HTC J」。

しかしながら「AQUOS PHONE SERIE」や「GALAXY S III Progre」「Xperia VL」などの冬モデルと同じクアルコムの第4世代Snapdragon(1.5GHz、デュアルコア)プロセッサを採用しているほか、発色の良い約4.3インチのqHD(960×540)の有機ELディスプレイ、F2.0の明るく撮影できるレンズと暗いところでも撮影できる800万画素裏面照射CMOSを採用したカメラを搭載するなど、決してあなどってはいけないモデルとなっています。


また、LTEには対応しないものの、先日全国エリアカバーを完了した通信量無制限・下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbpsの次世代高速通信「モバイルWiMAX」を利用できるほか、パソコンやタブレット端末でインターネット接続できるテザリング機能にも対応。

音質にこだわった1万円相当のイヤホン「Beats by Dr Dre urBeats In-Ear Headphones」が付属することも含め、かなりお買い得なのではないでしょうか。


・関連記事
「HTC J butterfly」を超える「HTC M7」登場か、フルHDのWindows Phone 8端末は登場せず | BUZZAP!(バザップ!)

フルスペックの「INFOBAR A02」は2013年春発売へ、HTC製の可能性が浮上 | BUZZAP!(バザップ!)

「HTC J」のパンフレットをジョジョ仕様にしたクオリティの高いラクガキ写真が投稿される | BUZZAP!(バザップ!)

Intel製SSDが軒並み値ごろに、240GBモデルが最もお買い得 | BUZZAP!(バザップ!)

2.5TBのHDDが一気に値下がり、ようやく「今は買うな時期が悪い」を脱する | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加