Intel製SSDが軒並み値ごろに、240GBモデルが最もお買い得

このエントリーをはてなブックマークに追加



データの高速読み書きに加えて低消費電力、低発熱、耐衝撃性能などを兼ね備え、HDDに代わる存在として期待されているものの、どうしても割高感が否めなかった「SSD」ですが、定評のあるIntel製モデルが値ごろとなったことが明らかになりました。

「少し古いノートパソコンのHDDをSSDに換装する」「デスクトップパソコンの起動ドライブだけをSSD化する」といった方法でパソコンが快適に動作することもあるため、パソコン自体を買い替える前に検討してみるのも悪くなさそうです。



価格.com - インテル 330 Series SSDSC2CT060A3K5 価格比較

価格.com - インテル 330 Series SSDSC2CT120A3K5 価格比較

価格.com - インテル 330 Series SSDSC2CT180A3K5 価格比較

価格.com - インテル 330 Series SSDSC2CT240A3K5 価格比較

大手価格情報サイト「価格.com」によると、2012年12月10日15:00現在、最大読み込み速度毎秒500MB、最大書き込み速度毎秒450MB(60GBモデルのみ400MB)で2.5インチのIntel製SSD「330シリーズ」が240GBモデル「SSDSC2CT240A3K5」をはじめ、非常に手ごろな価格帯となって販売されています。

各モデルのラインナップと価格は以下の通り。1GBあたりの単価が最も安く、お買い得なのは240GBモデル(54円/1GB)ということになります。

60GBモデル:5354円
120GBモデル:7518円
180GBモデル:1万1226円
240GBモデル:1万2980円


240GBモデルの過去3ヶ月の価格変動履歴。11月に一度値上がりしたものの、12月に入って急速に値下がりしています。


また、Intelが新たに発売した「335シリーズ」も240GBモデル「SSDSC2CT240A4K5」が1万3783円で販売中。読み書き速度など、基本スペックは330シリーズとほとんど変わりませんが、20nmの製造プロセスを採用することで、もともと少ないSSDの消費電力をさらに半分以下(330シリーズ比)に削減することに成功しています。

価格.com - インテル 335 Series SSDSC2CT240A4K5 価格比較

・関連記事
2.5TBのHDDが一気に値下がり、ようやく「今は買うな時期が悪い」を脱する | BUZZAP!(バザップ!)

SSDとHDDの利点を融合、東芝の「Hybrid Drive」は安くて高速に | BUZZAP!(バザップ!)

HDDの容量が5~10倍に跳ね上がる夢の技術「熱アシスト記録」が実用間近に | BUZZAP!(バザップ!)

容量60TB(60000GB)のHDD開発も、Seagateが新たな記録技術を採用 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加