フルHD液晶搭載「HTC J butterfly HTL21」速攻レビュー、国内最強スペックでiPhone 5を圧倒

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIが2012年冬モデルとして繰り出したフラッグシップ機「HTC J butterfly」のレビューをお届けします。

圧倒的な解像度となるフルHD(1920×1080)液晶やクアッドコアCPU、最新のAndroid 4.1を兼ね備えた国内最高スペックのスマートフォンで、AppleのiPhone 5と比較しても一切引けを取らないのが特徴。まさに「ぼくのかんがえたさいきょうのすまーとふぉん」とでも呼ぶべき出来となっています。



これが「HTC J butterfly」本体。5インチフルHD(1920×1080)super LCD3液晶、「APQ8064(1.5GHz、クアッドコア)」および各種通信方式をサポートしたチップセット「MDM9615」、2GBメモリ、そして最新のAndroid 4.1を兼ね備えた防水スマートフォン。


カラーバリエーションは3色



スペック説明。インカメラ(210万画素)と背面カメラ(800万画素)の両方にF値2.0の明るく撮れるレンズを採用。さらに裏面照射型CMOSと88°の広角レンズによって、いつでもキレイな写真を楽しめるほか、3種の神器ことワンセグ・赤外線・おサイフケータイやNFCも搭載するなど、まさに国内最強スペックのスマートフォンです。


前モデル「HTC J ISW13HT」と比較すると、広角っぷりが良く分かります。


やや丸みを帯び、持ちやすいデザインに。


持ってみたところ。薄型で手にフィットするデザインもあってか、5インチという大画面にもかかわらず片手持ちしやすいのが特徴。なかなかグッドです。


実際に使ってみたムービー。レスポンスも良く、まさに「思った通りに動いてくれる」といったところ。Android 4.1のおかげもあってか描画が非常にスムーズで、引っかかりがありません。キャッチコピーの「気持ちよすぎるHTC」はダテではない様子。

2012年冬モデル最強の「HTC J Butterfly」をざっと触ってみた - YouTube


LTE用のSIMカード


ディスプレイはドットがほとんど視認できません。


もちろんテザリングも対応。


また、同じLTE対応モデルであるAppleの「iPhone 5」と比較しても十二分にハイスペックであるだけでなく、iPhone 5が2.1GHz帯のみ対応であるのに対して、「HTC J butterfly」は1.5GHz帯やつながりやすい800MHz帯(プラチナバンド)のLTEもサポート。KDDIを最新のiPhoneと最強のAndroidスマートフォンを揃えたキャリアたらしめています。

スマートフォン | 製品ラインアップ | au

・関連記事
「au 4G LTE」エリアをきめ細かく整備、これが世界初の「LTEピコセル基地局」 | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが「おはなしアシスタント」提供へ、Siriやしゃべってコンシェルを追撃 | BUZZAP!(バザップ!)

「au 4G LTE」「UQ WiMAX」の基地局併設について、気になるところを聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

LTE・3G・Wi-Fiのエリア改善につながる技術をKDDIが導入へ、スマートフォンが通信品質を自動チェック | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがLTEに新技術「SON」導入、基地局がエリアを自動調整して切断回避 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加