「Optimus G LGL21」レビュー、動画のながら見やメモ機能が便利なフルスペックモデル

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIとHTCがタッグを組んでリリースする、国内最強スペックのスマートフォン「HTC J butterfly」の圧倒的な存在感に隠れつつも、非常に高いスペックを誇る「Optimus G LGL21」のレビューを今ごろになってお届けします。



「Optimus G」本体。動画再生に強く、広視野角・高輝度を実現した約4.7インチHD(1280×720)IPS液晶、「APQ8064(1.5GHz、クアッドコア)」および各種通信方式対応のチップセット「MDM9615M」、2GBメモリ、130万画素前面カメラを搭載したハイスペックモデルで、11月2日発売予定。


背面には1300万画素カメラを搭載。ワンセグ・赤外線・おサイフケータイやNFC、防水にも対応しており、Android OSのバージョンは4.0。




詳細なスペックはこんな感じ。


クアッドコアCPUのおかげもあって、とても快適に動作しています。

これでもかとばかりに高速に動く「Optimus G(LGL21)」 - YouTube


バッテリー容量はスマートフォンとしては大きい方となる2210mAh。急速充電に対応しています。


「Optimus G」の特徴でもある、Qメモ機能。


このようにスマートフォンの画面にメモを残すことができます。


メモを残した状態で本体を操作することも可能。なかなか愉快な光景になりました。

Optimus G(LGL21)のQメモを使った状態でスクロール - YouTube


Samsungの「Galaxy S III」にも採用されている、動画の「ながら見」機能を搭載。ワンセグでアニメを観ながらみんなとTwitterで実況中継……といった廃人もとい通好みな使い方もできます。

Optimus G(LGL21)は動画の「ながら見」が可能 - YouTube


テレビとHDMI接続したところ。


あたらしい自由。|au


・関連記事
第4世代iPadとiPad miniも「プラチナバンド版LTE」非対応、KDDIとソフトバンクによるSIMロック紛争勃発か | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが「INFOBAR A02」を2013年春発売へ、LTE対応のフルスペックモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

「au 4G LTE」エリアをきめ細かく整備、これが世界初の「LTEピコセル基地局」 | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが「おはなしアシスタント」提供へ、Siriやしゃべってコンシェルを追撃 | BUZZAP!(バザップ!)

「au 4G LTE」「UQ WiMAX」の基地局併設について、気になるところを聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

LTE・3G・Wi-Fiのエリア改善につながる技術をKDDIが導入へ、スマートフォンが通信品質を自動チェック | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがLTEに新技術「SON」導入、基地局がエリアを自動調整して切断回避 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加