パナソニックが携帯電話事業売却を検討中、平行してWindows Phone発売も

このエントリーをはてなブックマークに追加



パナソニックが携帯電話事業の売却やWindows Phone端末の販売を検討していることが明らかになりました。



パナソニック、携帯事業も売却検討 台湾端末メーカーなど候補 (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

産経新聞社の報道によると、パナソニックが赤字の続く携帯電話事業の売却を検討していることが明らかになったそうです。

すでに台湾のスマートフォンメーカー「HTC」や半導体受託生産企業「TSMC」が候補に挙がっており、販売価格や雇用維持などの交渉も必要になるため、実際に売却されるかどうかは条件次第とのこと。

また、パナソニックは法人向けスマートフォンサービスの展開を並行して検討しており、マイクロソフトと提携して通信セキュリティーや頑丈さ、他の機器との連携性に優れた法人向け端末の事業化を検討中。

早期に収支の好転が望めなければ存続と売却の両面で事業を進める方針と報じられていますが、Androidスマートフォン「ELUGA」シリーズと法人向けWindows phone端末でどれだけ戦えるのかが気になるところです。


・関連記事
「eneloop(エネループ)」の新型発表、パナソニック傘下でブランドの扱いが悲惨なことに | BUZZAP!(バザップ!)

パナソニックが事業数を3分の1削減へ、テレビや携帯電話、デジタルカメラ撤退も検討か | BUZZAP!(バザップ!)

やや残念な意欲作「ホームスマートフォン」をパナソニックが発売へ、タブレットと家庭用電話が融合 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加