最大1.3Gbpsの新規格「Draft IEEE802.11ac」対応の無線LANルーターがついに発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



最大1.3Gbpsという超高速通信「Draft IEEE802.11ac」に対応した無線LANルーターがついに発売されることが明らかになりました。



世界初技術搭載、新規格「Draft IEEE802.11ac」に対応したWi-Fiホームルータ「Aterm」新商品を発売 (2013年3月27日):プレスリリース | NEC

NECのプレスリリースによると、同社は4月初旬から順次新型無線LANルーター「Aterm」の新モデルを発売するそうです。

発売されるのは「PA-WG1800HP」および「PA-WG1400HP」と派生モデルで、新規格「Draft IEEE802.11ac」に対応することで5GHz帯で最大1300Mbps(WG1400HPは最大867Mbps)の超高速通信を実現。2.4GHz帯でも最大450Mbpsの通信が可能となります。


また、以前BUZZAPでもお伝えしたアンテナの受信感度を向上させ、Wi-Fi通信の高速化を実現する「μ(マイクロ)EBG構造」をプリント基板に適用したほか、世界最小クラスの「μ SRアンテナ」をプリント基板に適用することで、従来機種と同等のコンパクトな本体サイズを実現。

さらに国内で市販されている無線LANルータで初めて「IPv6ルータ」機能を搭載しており、NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ光ネクスト」のIPv6インターネット接続(IPv6 PPPoE方式)を「IPv6トンネル対応アダプタ」不要で実現しています。

・関連記事
なんとLTEやWiMAX、3Gの通信速度も最大2倍に、NECの新技術「EBG構造」について問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

モバイル通信を5倍、ファイル転送を30倍高速化する新しいデータ転送方式を富士通が開発 | BUZZAP!(バザップ!)

LTE・3G通信時の消費電力を半減できるスマートフォン向け技術を東芝が開発 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモの「LTE-Advanced」に対応した高密度基地局をNECが開発へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加