NTTドコモの「LTE-Advanced」に対応した高密度基地局をNECが開発へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



サービス開始が2015年に前倒しされることになったNTTドコモの次世代高速通信「LTE-Advanced」に対応した基地局をNECが開発することが明らかになりました。



NEC、NTTドコモのLTE-Advanced基地局装置の開発ベンダに選定 (2013年2月27日):プレスリリース | NEC

NECのプレスリリースによると、同社はNTTドコモが実用化を予定しているLTE-Advancedに対応した「高密度基地局装置」の開発ベンダに選定されたそうです。

新たに開発される高密度基地局装置は、NTTドコモが提唱している「高度化C-RAN(Centralized Radio Access Network)アーキテクチャ」に対応。


同アーキテクチャは広いエリアをカバーするマクロセルと、人口密集地などトラフィック量が多い局所的なエリアをカバーするスモールセルが共存する「ヘテロジニアスネットワーク(HetNet)」環境において、キャリアアグリゲーションを活用して各々のセルを高度に連携させ、下り最大3GbpsのLTE-Advancedネットワークを実現するというもの。


また、基地局間同期方式にGPSまたはIEEE1588(ネットワーク上に分散された基地局のクロックを同期させるためのプロトコル)の2つに対応することで、基地局間同期により基地局間の電波干渉を抑制し、将来のネットワークを柔軟に拡張可能。3G、LTE、LTE-Advancedまで対応できるとされています。


・関連記事
なんとLTEやWiMAX、3Gの通信速度も最大2倍に、NECの新技術「EBG構造」について問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが10Gbpsの超高速通信に成功、一般的な光ファイバー100本分に相当 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモ加藤社長がiPhone獲得交渉の事実を否定、Samsungなどと新OS「Tizen」に注力へ | BUZZAP!(バザップ!)

Xiの高速化へつながる700MHz・800MHz・1.5GHz・1.7GHz・2GHz帯対応の基地局アンテナをNTTドコモが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがXiを「docomo LTE Xi」にさりげなく名称変更、ブランド戦略の失敗か | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大3Gbpsの超高速通信「LTE-Advanced」向けの新技術登場、混雑時にも快適に通信可能 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加