auからちっともスマートじゃない最新機種「zzzPhoneBed」が登場、UQ WiMAXに異変も

このエントリーをはてなブックマークに追加



2013年度のスタートとなった本日、auから全くスマートじゃない最新機種「zzzPhoneBed」が登場しました。

また、KDDI傘下のUQ WiMAXでも異変が起きています。



突如KDDI公式ページに登場した謎の端末「zzzPhoneBed」。

zzzPhoneBed


ベッド型スマート?フォンです。


画面に2次元の女の子を表示すれば、添い寝気分にも浸れます。


800個のスピーカーで起こしてくれる3Dサラウンドアラーム機能も。いっそのことKDDIらしく、画面が震えて音を出す「スマートソニックレシーバー」を使えば実用性の向上も見込めそうですが、やはりHTCなどとタッグを組んだモデルなのでしょうか。


本体の上でランニングするとスクロールに。縦長のページを閲覧する時はまさに地獄かもしれません。


iPhoneにバンパー、iPadにスマートカバーがあったように「zzzPhoneBed」には専用カバー「シーツ」が提供されます。


トラックで持ち運びも可能。おそらくトヨタと思われるレンタカー会社との提携も。


そしてauスマートバリューを使えば1人あたり2年間1480円も割引。2年経過後も980円ずつコンスタントに値引かれるのがうれしいところです。


スペックはこんな感じ。本日の日付とおぼしき「41」という数字が散見され、エイプリルフール企画であることがよく分かります。


なお、UQコミュニケーションズも公式Facebookでエイプリルフール企画を実施中。So-netの「モモ」がイメージキャラクターになっています。

UQ WiMAX | Facebook


・関連記事
KDDIも通話中データ通信対応か、CDMA2000を捨ててLTEに特化した携帯電話が登場へ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが「au Wi-Fi」を大幅改善、自宅や職場のみでの自動接続も可能に | BUZZAP!(バザップ!)

これでコミケも一安心、UQ WiMAXの「仮設基地局」は手作り感満載 | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがコミケに最終兵器「人間Wi-Fi SPOT」投入へ、4G LTE整備や車載型基地局出動も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加